ウスカルメガネの満足度
ウスカル会のトップページへ ウスカルメガネとはなにか 全国の会員店のご紹介です ウスカル会のオリジナルフレームとは ウスカルメガネの購入のしかたとは ウスカル会へのお問い合わせ ウスカル会のリンク集です



ウスカルメガネの満足度


強度近視のかたにおける
ウスカルメガネに対するご期待の内容は、
それぞれのお客様によって、いろいろですが、

大体は、下記のようなことが挙げられます。

1)レンズを前よりも薄く軽くしたい
2)眼が小さく見えるのを改善したい
3)顔の輪郭線の入り込みをなくしたい。


これらのうちで、期待はずれの結果となる率が
もっとも低いものが1)で、逆に、比較的多くの
場合に期待はずれになるものが3)で、
2)は、その中間くらいです。

それらについて、順に解説をします。


1)レンズを前よりも薄くしたい

たいていの場合は、前のメガネはプラスチックで、
玉型サイズ(レンズの横寸)は普通(50mm前後)です。

そして、新しく作るウスカルメガネは、プラスチックよりも
ずっと薄くできるガラスレンズで、しかもレンズサイズは
36〜42くらい、ということで
レンズの厚みについては、ご不満が出ることは、
まずないのですが、たまにあるのが、

前のメガネはかなり昔に作ったもので、相当に度数が弱くて
そのメガネでは矯正視力が0.2しか出ない……
新しいウスカルメガネではお客様のご要望もあって、
0.9まで視力が出るようにしたので、
その度数は前のメガネよりもかなり強くなった……

というような場合ですと、前のメガネに比べて
新しいメガネのレンズがさほど薄くなったという感じが
しないこともあります。

特に、前のメガネがプラスチック枠に入っていますと
レンズがその枠のフチからはみ出してはいなかったのに
新しくできたウスカルメガネだと、枠が金属なので、
レンズはフロントリムから少しはみ出している、
というようなこともあります。

また、正面から鏡で見ますと、レンズの厚みが
相当にあっても、その厚さがよくわかりません。
(斜め横から見ますと、ウズの多さの違いで
厚みの差はわかるのですが……)

ですので、前のメガネの度数が相当に弱めであった場合には
新しくできたウスカルメガネの
レンズの厚みの点で期待はずれになることも、
なきにしもあらず……なわけです。


2)眼が小さく見えるのを改善したい

この場合、前のメガネと度数があまり変わらず、しかも、
前のメガネはVD(角膜頂点間距離:眼とレンズの距離)が
長かったというのであれば、
かなりご満足いただけます。

すなわち、ウスカルメガネのでは、VDを極力短めに
フィッティングしますので、
眼が小さく見えてしまう度合いが
少ないわけです。

しかし、そうではなく、ウスカルメガネでは
前のメガネよりもかなり度数が強くなった場合や、
前のメガネもVDは短めであった、
というのであれば、外見的名目の大きさにおいて
ご満足の度合いは低くなります。

特に、前のメガネの度数が新しく作るメガネの度数よりも
かなり弱い場合で、しかも、前のメガネのVDも短めだった
というのであれば、新しいウスカルメガネは
前のメガネよりも、かえって眼が小さく見えてしまいますので、
外見的な眼の大きさについては完全に期待はずれ、
ということになりかねません。

あるいは、前のメガネのVDは普通で、
新しく作るウスカルメガネでは、VDを短く
したいのだけれど、まつ毛が長いかたで、
VDが短くならない、と言う場合も、
やはり、同様のご不満が出るでしょう。

(これについては、ウスカルメガネのレンズが小さい
ということは、まったく関係がないわけです)


3)顔の輪郭線の入り込みをなくしたい。

顔の輪郭線の入り込みというのは、
そのメガネをかけた人を正面から見ますと、
レンズの部分において細い顔があるように
見える現象です。

 ↓ こちらをご参照ください。
  http://usukal.biz/hikaku7.html

この「輪郭線の入り込み」は、ウスカルメガネで
レンズサイズが小さくなり、VDを短めにフィッティング調整
しますと、たいていは生じなくなるものですが、

(1)レンズの度数が、たとえば、−13Dとか、−15Dとか、
相当に強い場合、

(2)度数は−10D程度か、それ未満でも、
鼻根が太くて盛り上がっていたり
まつ毛が長かったりして、
VDをあまり短く設定できない、というような場合、

(3)顔幅が狭いめの場合、


これらのうちの単独、あるいは複数の要素が原因となって
正面から見た外見的な輪郭線の入り込みが残ることがあります。

その入り込みを極力目立たなくするには、
顔幅に比べてかなり小さめのウスカルメガネに
することにより、超強度近視であっても
実現できることがあるのですが、
そうなると、メガネ全体の大きさと顔の大きさの
バランスという点で、イマイチとなってきます。

ですので、度数が相当に強い超強度近視の場合には
輪郭線の入り込み現象が残ってしまう場合もある・・・
ということを、ご理解をいただきたいのです。


なお、ウスカルメガネのご注文を
いただきます場合には、ウスカル会の会員店では、
お選びいただいたウスカルフレームに
レンズを入れた場合の厚み予測を
いくつかのレンズの場合にわけて
ご説明をし、厚み見本もお見せしますので、
新しくウスカルメガネを作ってみて
レンズの厚さの点で期待はずれだった、
ということはまずないのですが、

眼の大きさの変化や、顔の輪郭線の入り込み
予測についても、ご期待はずれになりそうな
場合においては、あらかじめ申し上げるように
留意しますが、
それを申し上げるのをうっかり忘れると
いけませんので、

お客様の方で、眼の大きさの変化や、
顔の輪郭線の入り込みの点について
特に強く期待しておられます場合には
メガネをご注文のときに
そのことを販売員にご確認いただけましたら
幸いでございます。


ウスカル会のトップページへ ウスカルメガネとはなにか 全国の会員店のご紹介です ウスカル会のオリジナルフレームとは ウスカルメガネの購入のしかたとは ウスカル会へのお問い合わせ ウスカル会のリンク集です
トップページ
強度近視メガネのウスカル会
に戻る