PDが56mmの女性に準ウスカル枠


マリコ眼鏡店   原靖宏
  ウスカル会と当店のホームページをご覧になり、20代の女性のお客様がご来店になりました。

 現在ご使用の眼鏡は、41□23(天地25)の、ウスカル枠をお使いになっています。

 レンズに細かい傷が増えてきたのと、フレームカラーが剥げてきたため、
現在度数にて眼鏡を新調したいとのご希望でした。

 レンズはプラスチック屈折率1.7、
現在度数は、R=S−11.50、L=S−11.00、OCD56、でした。

 当店のホームページに掲載のウスカル枠で、
#212サイズ43□24がご希望でしたが、
このかたのPDを測ると、R=27.0、L=29.0で合計56mmでした。

 この212ですと、
現在ご使用されている、41□23のウスカル枠よりレンズの耳側が厚くなってしまいます。

 当店にもいまご使用のフレームと同じものがありましたが、
新調するなら違うものに、とのご希望でしたので、
PDが56mmですので、43□18(天地27)の準ウスカル枠で厚みを計算してみました。

 41□23では耳幅が105mm、43□18では耳幅が104mmですので、
耳側の厚みはほぼ同じ、鼻側の厚みもガラスの1.8なら3mm程度で収まりそうでしたので、
この準ウスカル枠でガラスの屈折率1.8をお勧めしました。

 ガラスにすると前よりも6gほど重くなりそうなので、
少々迷われましたが、
薄さの効果を期待されて、ガラス1.8をお選びになりました。

 現在ご使用のレンズはプラスチック1.7、
41□23のフレームでのレンズの厚みは、

右:耳側約6mmを大きく面取りして約5.5mm、鼻側3mm、
左:耳側約5.5mmを大きく面取りして約→5mm、鼻側3mm、

と、けっこう大きく面取りをしてありますのでウズが目立つようでした。
総重量は約14gでした。

 新たに作った眼鏡は、枠は、
43×27□18.5 耳幅104.5、フレーム重量7gで、
レンズは、
ガラス屈折率1.8で、R=S−11.50、L=S−11.00、
PD R=28、L=28で入れまして、

右:耳側4.7mm鼻側3.2mm、6.5g、
左:耳側4.6mm鼻側3.1mm、6.5g、

枠を入れての総重量20g、となっています。
 現在ご使用の41□23のフレームはべストサイズでしたが、
新しいメガネは、43□18のフレームと、屈折率1.8のレンズでずいぶん薄くなりましたので、
その点はご満足いただけたようです。

 なお、ウスカル枠に対する反応が良いため、
ウスカル枠の在庫料をもう少し増やすことになりました。

 岡本 サイズ的に、PDとフレームPDの差に着目すると、
以前では8mm差、新しい枠では5mm差、ということで、
新しい枠の方がベターではないかと思います。

 すなわち、前の枠だと、
玉型リムの中央よりも瞳孔中心が左右平均で各4ミリも鼻側に寄り、
眼から玉型リムの鼻側までの寸法が右では15.5mmしかありません。
 それゆえ、外見的にも装用者のフレーム視野の点でも新しい枠の方が優っていると思います。

 それと、そのかたの場合、以前のメガネ店ではガラスレンズの説明はあったのでしょうか。

  それが、まったくガラスのガの字もでなかったとのことです。
「このくらいの度数ですからこのレンズです」と、
高屈折率のプラスチックレンズ一種類しか示さなかったそうです。

 あの厚みからすると1.74ではなく1.7のようですから、
1.7までのメーカーしか扱っていないお店なのか
、いずれにしても大きく面取りして、無理やりコバ厚を薄く見せる加工をしていましたので、
たいした技術のある店ではないようです。

 岡本 前の店ではやはりガラスについては何も言わなかったのですね。
我が国の眼鏡店の大半は、メガネのレンズ、イコール、プラスチックレンズ、だと思っているようです。
若い店員さんほど、そうでしょうね。(日眼研の会員のかたは、そうでもないでしょうけれど)

 なお、例の大きな斜めカットは、技術がどうというよりも、
外見的な厚み感は、どうすれば減らせるのかということを真剣に考えないで、
メーカーが「こうすれば薄くなります」と言えば、
単純に「じゃ、そうしよう」「じゃ、その加工でやっといてよ」ということで、
メガネを作っているのでしょう。

 球面設計と非球面設計の格子模様の比較写真でもそうですが、
メーカーの言うことはそのまま疑わずに信じる眼鏡店がいかに多いことか……。

  メガネをお渡しのときに、私は他のお客さんの検眼をしておりましたので、
あまりお話ができなく、重さなどの感想を伺えなかったのが残念です。

今回はおもてから見て、
面取りで出るウズがあまり気にならないように気をつけて丸面取りをしておきましたが、
その違いもわかっていただけるとうれしいのですが。

 岡本 丸面取りもグーですね! 丸取りはマイナス強度になればなるほど、効果を発揮すると思います。

ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る