TOP 大きいメガネ研究会
Barone
(バローネ)



バローネ


未来的な大きいメガネ、

バローネ と名づけられた雄大なその姿は、
まるで
宇宙船 のよう。

そんな新型の大きいメガネフレームの姿を、
一度ごらんください。


設計者:岡本隆博、岡本真行



今回のバローネは、

「立体的なフォルム」
「デザイン性豊かなボリュームある腕」
「曲線のラインを活かした優美なスタイル性」
「チタン抜き枠で未来的デザインの大型メガネ」
などなど、

新しく導入した数々の要素で
構成されています。


フレームのモデル名は、
いなせな曲線の優美さと
大型フレームの風格を
あらわしたネーミングとして
「バローネ(男爵)としました。


バローネは、曲線のラインを活かした
チタンフレームです。




カラーもバラエティ豊かに
そろっています。

「カラー1のつやありブラック」
「カラー2のアーモンドブラウンマット」
「カラー3のダークレッドマット」
「カラー4のつやありディープマリン」



Sold Out!

つやありブラック

アーモンドブラウンマット

Sold Out!

ダークレッドマット

Sold Out!

つやありディープマリン


の4種類ですが、
「カラー1のつやありブラック」
「カラー4のつやありディープマリン」
の2つは、
これまでの大きいメタルフレームには、
見られなかった
新導入カラー
となっています。




フレームのサイズ表記は
58□18 となっています。

このバローネ、
ほかの58□18あたりの
サイズの大きいメガネフレームよりも
格段に横に広いフォルムを持っており、
フロント部総横幅は159mmもあります。

そして、実際以上にゆったりと大きくて、
しかもスマートに見えるのですが、
その秘密は
腕のパーツ選びにあります。




ボリューム感ある腕です



横に広いカッティングで作っても、
ボリューム的に不自然感の出ない、
ボリュームある腕を採用しているため、

横に広く腕パーツを取り付けても、
ボリューム負けせずに
自然なスタイルにまとまり、

しかも、相当の顔幅が広いかたがお掛けに
なっても、こめかみやもみ上げを圧迫せず、
快適な装用感を得られるのです。






カラーは4種類。

つやありブラック、
アーモンドブラウンマット、
ダークレッドマット、
つやありディープマリン

の多様な色合い。





カラーデータ  バローネ
サイズ  58□18
・カラー1  つやありブラック Sold Out!
・カラー2  アーモンドブラウンマットl Sold Out!
・カラー3  ダークレッドマット Sold Out!
・カラー4  つやありディープマリン Sold Out!




メーカー参考小売価格 ¥30000+消費税



つやありブラックは、
初登場の新色。

アーモンドブラウンマットは、
定番のナチュラリー天然肌見せ色。

ダークレッドマットは、
男性にも余裕を持って受け入れられるよう工夫した
トーンの深い暗赤色(あんせきしょく)です。

つやありディープマリンは、
ひときわ色選びに手間隙をかけたもので
鮮やかさと深みの両方を併せ持ったブルー・・・・
初登場の新色です。




Sold Out!

大きいメタルフレームではめずらしい、
つやありブラックはシャープなカラー。




アーモンドブラウンマットは、
ナチュラルなカラーリング。




ダークレッドマットは、
けっこうダークな色合いです。



Sold Out!


今回初登場のカラー、
つやありディープマリンです。
バローネ
各カラー紹介
58□18サイズ

Sold Out!

つやありブラック (カラー1)



アーモンドブラウンマット (カラー2)



ダークレッドマット (カラー3)


Sold Out!

つやありディープマリン (カラー4)
正面写真 : 岡本 真行
BARONE品揃店

BARONEは
大きいメガネ研究会の会員店では
どこでも在庫はありますが、
特に下記の店では、
3色以上品揃えしています。

 のマークのついている店は、全色在庫です)
北海道


東北

福島県・メガネの石津屋


関東甲信越

東京都・マリコ眼鏡店     

神奈川県・メガネの一心堂

東京都・オプティック・レインボー     

千葉県・optic DAIWADO


中部東海

静岡県・時計メガネ宝石のオガワ


近畿北陸

大阪府・アイトピア     

大阪府・メガネショップ サノ

京都府・京都メガネ館・本店     

兵庫県・メガネのアマガン センター店


石川県・オプトパル


中国


四国

高知県・メガネのハマヤ


九州

福岡県・メガネのオガタ


大きいメガネ研究会のオリジナルフレーム
のページに行く

トップページ
大きいメガネ研究会
に戻る