TOP 大きいメガネ研究会
アインケーゼ
(Einkase)

大きいセルフレームで、
オリジナルフレーム『アインケーゼ』が
完成しました

設計者:岡本真行


サイズは 61□17 で、レンズカーブ緩(ゆる)めのため、
フレーム総横幅がかなり広くなり、
相当な大型サイズとなっています。
色は5色展開となっています。
(フレーム総横幅は160mmです)




今回は「ドイツ風」のセルフレームの造形をめざし、
フレーム上部に「斜めカット」を入れ、
ハイセンスかつ、流行を上回る普遍性への挑戦
を意識。

シャープな造りと、
遠近両用でも対応するレンズ上下幅を
持つ、利便性の高いモデルです。

フレームカラーも、
きわめてオーソドックスな
基本的オシャレカラーを選定。



やや薄めの茶色のハバナといった、
希少性の高いカラーも製作。
フレームデータ

オリジナルフレーム  アインケーゼ


[サイズ]

サイズ 61□17 天地33
フレーム総横幅 160mm

メーカー参考小売価格 ¥28000+消費税



ブラック (M59-551)

基本の黒にして、
永遠の定番カラー。


フロント上部の「斜めカット」によって、
ゴツさを感じさせないシャープさを
手に入れています。

レンズカーブが緩(ゆる)いため、
サイズの数字よりも、
大きいメガネに感じられる、
といった特色があります。

腕は、
やや太めのものを選び、
安定感を重視しています。




雄大なスタイル性
(画像のアインケーゼは、 M59-551 黒 です)


ゴツさを感じさせないシャープさ
(画像のアインケーゼは、 M59-551 黒 です)


フロントの中央部は、
フラットな仕上げにしており、
クールさを際立たせています。

ドイツの古来からの
メガネのスタイル性を参考にして、
現代のセルフレームとして
造形をしています。

モデル名の「アインケーゼ」とは、
ドイツ後で「1」を意味する
「アイン」に、
チーズのような「四角い切れ端」を
数える時の語句「ケーゼ」を
つなぎ合わせた造語です。

「ひとかけらの四角い切れ端」
という意味合いになります。




クールなフロントフェイス
(画像のアインケーゼは、 M59-551 黒 です)



ドイツ眼鏡の古来のスタイル性を踏襲
(画像のアインケーゼは、 M59-551 黒 です)


鼻パッドも、
設置位置をしっかりと吟味し、
最適と思われる場所に付けています。

店頭にて、鼻パッドに
熱を賭けて曲げたり、
他の形状のパーツに張り替えたりなど、
各種の調整手段も充実。




鼻パッドも、しっかりと吟味
(画像のアインケーゼは、 M59-551 黒 です)



黒クリア (O-9197T)

表面は黒、
裏側はクリア。

この組み合わせにより、
前から見れば、
一見して普通の黒メガネですが……




一見して普通の黒メガネですが
(画像のアインケーゼは、 O-9197T 黒クリア です)


上から見れば一転、
透明感のある
軽快な雰囲気に様変わりします。

この若々しいイメージは、
オールブラックのアインケーゼとは、
ひと味ちがったものとなっています。

上半分のゴツいデザインの
アインケーゼのスタイルにあって、
上半分の軽快なカラーリング。

その表情はときおり、
シャープでスマートなメガネと
同様のすっきりスマートな印象となります。

素材の質感を前後で違えることによって、
遊び心を感じさせます。


フロントのフラットな造形との組み合わせで、
日本のセルフレーム・メガネスタイル
とは少し違った、
独特な風合いを醸(かも)しだします。




透明感のある軽快な雰囲気に
(画像のアインケーゼは、 O-9197T 黒クリア です)



すっきりスマートな印象
(画像のアインケーゼは、 O-9197T 黒クリア です)



独特な風合いを
(画像のアインケーゼは、 O-9197T 黒クリア です)



ライトブラウンハバナ (H13-009)


セルフレームの世界でよく見られる、
ダークブラウン系の茶色よりも、
こころもちライトなブラウンです。

マダラ模様となっていることで、
クラシック感を持ちつつも、
透明感あるアンティーク・スタイルを
表現しています。

このライトブラウンは、
フロント(前部分)の色合いに比べて、
腕の色がわずかに
明るく感じられます。

金属の芯が少し透けて見えていることで、
そのように見えているのです。

「紙巻きタバコ」を意味する
「ハバナ」と呼ばれる、まだら模様は、
クラシック系の茶色には欠かせないディテール。




こころもちライトなブラウン
(画像のアインケーゼは、 H13-009 ライトブラウンハバナ です)



「ハバナ」と呼ばれる、まだら模様
(画像のアインケーゼは、 O-9197T 黒クリア です)



ブラウン横流れ (H12-083)


セルフレームの世界でよく見られる、
ブラウン系の茶色です。

マダラというよりは、
横方向への流れ模様となっており、
マダラ模様よりも
若々しいイメージを持っています。

標準的な濃さの「ブラウン」だけあって、
芯がそこまでは透けていない、
という、安定性を重視した色合い。

今回のアインケーゼの中では、
特に保守的な雰囲気の強い
カラーとなっています。




横方向への流れ模様
(画像のアインケーゼは、 H12-083 ブラウン横流れ です)



安定性を重視した色合い
(画像のアインケーゼは、 H12-083 ブラウン横流れ です)



保守的な雰囲気
(画像のアインケーゼは、 H12-083 ブラウン横流れ です)



グレークリア (M59-037T)


かなり明るめの
クリアグレーです。
ほんのわずかに青みがかっているようにも、
見えます。

フロントは、
透明感を何よりも重視し、
腕は濃いめの、
同系統の色のグレーを使用して、
芯の透けすぎを
防止しています。

芯が透けすぎると、
軽くなりすぎて
カジュアルになりすぎてしまうのですが、
芯が透けすぎないことで、
アンティーク系の「らしさ」を
保つことに成功しています。




かなり明るめのクリアグレー
(画像のアインケーゼは、 M59-037T グレークリア です)



アンティーク系の「らしさ」を保つことに成功
(画像のアインケーゼは、 M59-037T グレークリア です)
アインケーゼ
各カラー紹介


ブラック (M59-551)



黒クリア (O-9197T)



ライトブラウンハバナ (H13-009)



ブラウン横流れ (H12-083)



グレークリア (M59-037T)
正面写真 : 岡本 真行
Einkase品揃店


大きいメガネ研究会の会員店は、
どこでもアインケーゼを在庫していますが、
下記の店は2色以上の品揃えがある店です。

(* のついている店は全色在庫です)

北海道


東北

福島県・メガネの石津屋

岩手県・スマイルメガネ研究舎
盛岡MOSSビル店


関東甲信越

東京都・マリコ眼鏡店        

神奈川県・メガネの一心堂

山梨県・充之多メガネ

東京都・オプティック・レインボー    

千葉県・optic DAIWADO


中部東海

静岡県・時計メガネ宝石のオガワ     


近畿北陸

大阪府・アイトピア           

大阪府・メガネショップ サノ

京都府・京都メガネ館・本店      

兵庫県・メガネのアマガン センター店

石川県・オプトパル


中国


四国

高知県・メガネのハマヤ


九州

福岡県・メガネのオガタ


大きいメガネ研究会のオリジナルフレーム
のページに行く

トップページ
大きいメガネ研究会
に戻る