TOP 大きいメガネ研究会
Ilving(アーヴィング)




アーヴィング


大きいメガネ研究会から
満を持して登場しました、

伝統的なアンティークスタイルの
「大きいセルフレーム」。


アーヴィングの外観です。
伝統のアンティークテイスト。
写真撮影 : 原 靖宏



ウェリントン型
と呼ばれる、アメリカの昔を語る
フレームシェイプを持つモデル。

それが「アーヴィング」です。



設計者:岡本隆博、岡本真行


アーヴィング
サイズ    53□17 天地36
素材 アセテート
メーカー参考小売価格 ¥25000+消費税





●このフレームには次のような特長があります。





(1) 天地が36mmあるので、
遠近両用などの累進レンズを入れたときにも、
視線をやや上とか、かなり下とかに向けても
欠けのない広い視界となります。


(2) 天地が広く、やや四角ばったセルフレーム・・・・・・
これまでにいろいろなメーカーから似たものが出ていますが、
この「アーヴィング」は、それらよりも
やや大きめのサイズ
で作られています。
通常のウェリントンメガネが
お顔にキツい人には、
このアーヴィングを一度ぜひお試し下さい。
もちろん、普通のサイズのお顔の人でも、
すんなりとかけられサイズとなっています。


(3) イタリアで生産された「マツケリー社」の
セルフレーム用素材の中でも、
特に高級なアセテート素材を採用。
福井県鯖江市の工場の技術で完成された、
完成度の高いセルフレーム枠(わく)ですので、
長くお使いいただけます。






●名前の由来

 Irving(アーヴィング)  

アメリカの都市の名前です。
人名にもときどき使われるようです。



●このメガネは「アメリカン型」のウェリントンメガネです。


古き良きアメリカンクラシックのイメージ!

ウェリントンメガネには「アメリカン型」と「ヨーロッパ型」がありますが、
やや丸みを帯びたこのスタイルは、
アメリカン型となります。

(四角みをもっと帯びたスタイルであれば、
たいていの場合「ヨーロッパ型」の雰囲気となります)

アメリカン型のセルフレームは、
アメリカンな洋服のスタイルに、ピッタリとはまります。



アメリカントラッド… 略して「アメトラ」。
画像は、アメトラの大御所といわれる、
ブルックスブラザーズのもの。



アーヴィング  カラー L9000

ブラック

完全な黒となります。
黒メガネの中の黒メガネ。
永遠に語り伝えられる、
セルフレームのスタンダードカラーです。




正面図




アーヴィング  カラー 9012

チョコブラウン

茶色のセルフレーム。
日本人の肌の色に馴染みやすい色です。
チョコレートのテイストを持つ甘いブラウンカラー。
やさしげなイメージを、
特に強く持つカラーです。




正面図


SOLD OUT!


アーヴィング  カラー 16519

ハバナブラウン

茶色のマダラです。
古き良きアメリカの息吹を伝える、
タバコの葉巻などに使われる微妙な茶色のトーン。
深みある趣(おもむき)が、
大人の渋さを演出してくれます。


SOLD OUT!

正面図




アーヴィング  カラー L93533

ブラックグレー

ほぼ黒なのですが、
わずかにクリア味を帯びた濃色のセルフレーム。
高級アセテートの独特なる質感を最大限に生かした、
現代的な風情(ふぜい)を感じさせます。
完全な黒が重たすぎる人でも、
このセルフレームならば軽快感をもって
かけていただけることでしょう。



正面図

写真撮影 : 原 靖宏

Irving品揃店

下記の店では、
Irvingを品揃えしております。

 のマークのついているお店は、全色在庫です。)


北海道


東北

岩手県・スマイルメガネ研究舎盛岡MOSSビル店


関東甲信越

東京都・マリコ眼鏡店              

神奈川県・メガネの一心堂

山梨県・メガネ・トケイのユキエ

茨城県・メガネの高松

東京都・オプティック・レインボー        

神奈川県・オトベオプチカル

山梨県・充之多メガネ          

千葉県・メガネの大和堂
中部東海

静岡県・時計メガネ宝石のオガワ

愛知県・賞月堂一宮店


近畿北陸

大阪府・アイトピア                 

大阪府・メガネショップ サノ

京都府・京都メガネ館・本店           

京都府・京都メガネ館・長岡店          


中国


四国

高知県・メガネのハマヤ           


九州

福岡県・メガネのオガタ            


大きいメガネ研究会のオリジナルフレーム
のページに行く

トップページ
大きいメガネ研究会
に戻る