TOP 大きいメガネ研究会
Mascis(マスキス)



横に広いウェリントン型、
最先端デザインの
マスキスが入荷しました



オリジナルセルフレーム、
マスキスが完成しました。


玉型は
大きいメガネとしては
控えめのサイズ感の
 
55□18 です。
しかし実際にかけてみると
けっこうな大きさを感じるはず。
フロント総横幅は、146ミリです。


横に広めの
ウエリントンメガネ


玉型の縦寸(溝の底から底まで)は
およそ34mm。
もちろん累進レンズもOKです。



サイズ
55□18
フロント部総横幅
146ミリ




安定感の高いサイジングながらも、
最先端のデザインを持つモデル
(画像のマスキスは、カラーTN-0202T 黒グレーグラデ です)


リムは、かなりの厚みを出して、
重厚なデザイン性を引き出しています。


メーカー参考小売価格 ¥27000+消費税




厚みのあるリム。抜群の存在感
(画像のマスキスは、カラーTN-0202T 黒グレーグラデ です)


フレーム中央部にボリュームの重点を置き、
顔を濃く見せ、写真写りをはっきりとさせる、
くっきり顔効果
を持たせています。




顔を濃く見せ、写真の写りをはっきりとさせる効果を。
(画像のマスキスは、カラーTN-0202T 黒グレーグラデ です)


マユのライン(ブロウライン)は、
直線的なシェイプに。

端正な顔立ちとなる
スタイリッシュラインです。




ブロウラインから、腕へと至る直線的ライン。
(画像のマスキスは、カラーTN-0202T 黒グレーグラデ です)


テンプルは、当方のオリジナルとしては
かなり太いパーツを採用しています。

フロントの重厚なデザイン性に負けない
ボリューム感のテンプルパーツです。

そして一カ所にビョウを打ち込み、
伝統性を主張。




太いテンプルパーツに、1カ所だけビョウを打ち込んだ仕様。
(画像のマスキスは、カラーTN-0202T 黒グレーグラデ です)


フロントlにビョウを打ち込んだモデルは、
セルフレームの世界には多いですが、

あえてこの「マスキス」では、
フロントにビョウを打ち込まないことで、
ビジネスシーンへの適応を演出。

とはいえ、テンプル部にビョウを 1 個打つことで、
「打てないわけではない」というメッセージを。




フロントにビョウを「打てない」のではなく、あえて「打たない」というメッセージ。
(画像のマスキスは、カラーTN-0202T 黒グレーグラデ です)


今回のマスキス。
フレームデザインが、
かつてなくスタイリッシュなため、
そのデザインに負けないだけの
最先端テイストのカラーの素材を
惜しみなく投入しています。


上下の切り返しによる、
大胆な配色と質感のコントラストを持つ
2つの新色を柱とする、
8色展開となっています。




そのデザイン、かつてなくスタイリッシュ。
(画像のマスキスは、カラーW31955 トープ&トータスデミ です)



流行の最先端の、さらにその先を行き超越するフォルムとカラー展開。
(画像のマスキスは、カラーW31954 ブラック&トータスバラフ です)


〜8つの色〜


一つ目の色は黒グレーグラデです。
TN-0202T

このマスキスに使用することで、
この色は最大限の立体感、重層感を
獲得するに至りました。




上から、黒→グレークリアにグラデーションしていく、立体感あるカラー。
(画像のマスキスは、カラーTN-0202T 黒グレーグラデ です)


ふたつめの色はブラック&ト−タスバラフ(クロチャ)です。
(W31954)

上半分が黒(ブラック)で、
下半分には、いわゆる「べっこう柄」のひとつ、
トータス(亀)の甲羅の中の「バラフ」と呼ばれる色
を再現してあります。

このカラーに使われる「バラフ」の部分は、
バラフと呼ばれる色の中でも濃淡の差の特に強いものです。
伝統とトレンド性の融合(ゆうごう)による、
ハイブリッドな高揚感(こうようかん)を持ちます。

上半分に入った黒は、
フロントの表面と、テンプル表面を覆うもの。
フロント裏面とテンプル裏面には黒は入りませんので、
バラフ茶色の世界が広がっています。





「バラフ」と呼ばれる色の、濃淡の強い茶色系のテイストが目立つ。
(画像のマスキスは、カラーW31954 ブラック&トータスバラフ です)


三つ目の色はトープ&トータスデミ(灰チャ)です。
(W31955)

上半分はトープと呼ばれる色名の、
グレーにカーキを混ぜ込んだ無機質な色合い。
下半分は、いわゆる「べっこう柄」のひとつ、
トータスの甲羅の中の「デミ」と呼ばれる色
を再現しています。

トップ・ファッションブランドを思わせるこの色は、
サングラスにしてカラーレンズを入れても映えますが、
クリアレンズの土台としても、
現代の街並みにシックに溶け込む雰囲気です。





「デミ」と呼ばれる色の、濃淡の差の低めの「目立たぬ濃いブラウン」。
(画像のマスキスは、カラーW31955 トープ&トータスデミ です)


四つ目の色はトータスデミ茶(デミ茶)です。
(VGS499)

トータスの甲羅の中の「デミ」と呼ばれる色を再現したもので、
かなり濃い茶色ですが、
よく見ると濃淡のある暖かな斑紋の模様を持っています。

本物の亀の「べっこう」の柄と比べても、
遜色(そんしょく)ないほどの濃厚な質感が感じられます。





べっこう柄の中の、濃淡の差の低い茶色系統の色。
(画像のマスキスは、カラーVGS499 トータスデミ茶 です)


五つ目の色はトータスデミブルーです。
(VGS500)

渋いブルー系統の色ですが、
ところどころに茶色のバラフ柄も混じっています。

トータスの甲羅の中のデミと呼ばれる色を、
現代の技術で暗い青に染めると、
このような色合いになりますが、
その色を再現したものです。





べっこう柄のデミを暗い青に染め上げた素材を再現。
(画像のマスキスは、カラーVGS500 トータスデミブルー です)


六つ目の色はブラックです。
(M59-551)

黒は黒なのですが、
シンプルな黒でこのマスキスの重厚なデザインと合わせると、
ひときわボリュームが重く深く
感じられる気がします。





特に重く、深く、感じられる黒です。
(画像のマスキスは、カラーM59-551 ブラック です)


七つ目の色はディープアンバー横流れです。
(J2879)

赤みを帯びた赤茶色の横流れ柄。
定番の色ですが、
どこか新しい風を思わせる風合い。

いたるところに細く入った、
黒い横流れの筋のひとつひとつが、
流れ模様として流紋(りゅうもん)を形成します。





定番の色のひとつ、ディープアンバーです。
(画像のマスキスは、カラーJ2879 ディープアンバー横流れ です)


最後の八つ目の色は茶色横流れです。
(H12-083)

茶色は茶色ですが、
標準的な茶色にして、
ランダムに入った横流れの模様によって、
非凡なるデザイン性を帯びた色合いです。

安定感に富んだ、
自然な印象を形作るカラーといえます。





かなり定番の色といえる、茶色横流れです。
(画像のマスキスは、カラーH12-083 茶色横流れ です)

全体的に見て、
今回のマスキスは「べっこう柄」によく見られる色
を再現したカラーが多く投入されています。

「バラフ」や「デミ」といった伝統的な柄と、
このマスキスの古くて新しいフォルムは
よく調和しています。



(画像のマスキスは、カラーVGS499 トータスデミ茶 です)
色構成(マスキス)
カラー品番
TN-0202T
黒グレーグラデ
カラー品番
W31954
ブラック&ト−タスバラフ
(クロチャ)
カラー品番
W31955
トープ&トータスデミ
(灰チャ)
カラー品番
VGS499
トータスデミ茶
(デミ茶)
カラー品番
VGS500
トータスデミブルー
カラー品番
M59-551
ブラック
カラー品番
J2879
ディープアンバー横流れ
カラー品番
H12-083
茶色横流れ
マスキス
各カラー紹介

黒グレーグラデ (TN-0202T)


ブラック&ト−タスバラフ(クロチャ) (W31954)


トープ&トータスデミ(灰チャ) (W31955)


トータスデミ茶(デミ茶) (VGS499)


トータスデミブルー (VGS500)


ブラック (M59-551)


ディープアンバー横流れ (J2879)


茶色横流れ (H12-083)
正面写真 : 岡本 真行
Mascis 品揃店
Mascis はどの会員店にも置いておりますが、
下記の店は3色以上の品揃えがある店です。

北海道


東北

福島県・メガネの石津屋


関東甲信越

東京都・マリコ眼鏡店

東京都・オプティック・レインボー

千葉県・optic DAIWADO


中部東海

静岡県・時計メガネ宝石のオガワ


近畿北陸

大阪府・アイトピア

大阪府・メガネショップ サノ

京都府・京都メガネ館・本店

兵庫県・メガネのアマガン センター店


中国


四国

高知県・メガネのハマヤ


九州

福岡県・メガネのオガタ


大きいメガネ研究会のオリジナルフレーム
のページに行く

トップページ
大きいメガネ研究会
に戻る