TOP 大きいメガネ研究会
バイオラント
(Violant)


入魂のフォルムをひっさげ登場
バイオラントとは



大きいメガネ研究会から登場、
細身のスマートな入魂のフォルムを持つ、
現代的なデザインのセルフレームです。
大きめサイズで、
かけやすい工夫が随所に。

それが「バイオラント」です。


期待のフォルムを持つ
大きめのセルフレーム


サイズは
 56□16

となっています。



軽すぎず、重すぎずの
バランスよいフォルムを目指した、
高級感あふれるスタイル。


色も4種類をご用意、
チョイスに不自由しません。


メーカー参考小売価格 ¥26000+消費税



このフレーム、バイオラントには、
次のような特長があります。

スクエア(四角形)でありながら、
いきすぎない万能型のシェイプ。

以前に当方からオリジナルとしてリリースした
「デンバー」というセルフレームが好評でしたので、
まったく同じ玉形で、細部を改良して
今回の「バイオラント」を設計しました。

腕の付け根の部分(智といいます)が、
重厚感ただよう「5枚丁番(ごまいちょうばん)」
と呼ばれるパーツを使用、

丈夫さと気品のある
見事なバランスで完成しています。



フレームサイズの
56□16 (フレームPD:72)
は、そこそこ大き目の顔の人向けですが、
このバイオラントは、横方向への
ゆったり感を重んじた構造をしており、
かなりの大きい顔への適性も持っています。


フレームサイズ
バイオラント

56□16
(フレームPD72)

天地33ミリ 乾燥アセテート製


玉型の横幅が56mmというのは、
それほど大きいメガネには見えないサイジングですが、
一度かけてみれば、
実際のサイズ感がはっきりとわかることでしょう。




高級感あふれるスタイル
(画像は M59-551 黒 です)



スクエア(四角形)でありながら、
いきすぎない万能型のシェイプ
(画像は M59-551 黒 です)



重厚感ただよう「5枚丁番(ごまいちょうばん)」
と呼ばれるパーツを使用
(画像は M59-551 黒 です)



丈夫さと気品のある
見事なバランスで完成
(画像は M59-551 黒 です)



4種類の色は、
どれも個性豊かな雰囲気です。




新追加色の

ビール茶 マダラテンプル (L8400T B)
ウォールナット茶
 (NH3853)

が加わりました。




テンプル(腕)が、
斜めラインのグレー・ブラウン・ベージュの流れ模様
(画像は L8400T B マダラテンプル です)



芸術性を感じる木目模様のような
広がり
(画像は NH3853 ウォールナット茶 です)

カラーデータ  バイオラント

●56□16サイズ
・ブラック  (M59-551)
・ビール茶 ノーマルテンプル (L8400T A) ノーマルテンプル
・ブラウンカーキ (O-4205)
・ブラックバラフ (NDX703)
・ビール茶 マダラテンプル (追加) (L8400T B) マダラテンプル
・ウォールナット茶 (追加) (NH3853)




ブラック(M59-551)は、
定番の安定カラー。
バイオラントのスクエアなフォルムと
うまく合っています。




一度かけてみれば、
実際のサイズ感がはっきりとわかることでしょう
(画像は M59-551 黒 です)


ビール茶 ノーマルテンプル (L8400 A)は、
フロントがダークブラウンのクリア生地で、
テンプル(腕)には、素直な模様の茶色を使用。
ビール茶は、ちかぢか、この「A」の
落ち着いた懐古的な色づかいとは
少し違う印象の腕の色合いを持つ
「B」パターンのものが入荷予定です。




ビール茶 ノーマルテンプルとは
(画像は L8400T A ノーマルテンプル です)



フロントがダークブラウンのクリア生地で、
テンプル(腕)には、素直な模様の茶色を使用
(画像は L8400T A ノーマルテンプル です)



落ち着いた懐古的な色づかい
(画像は L8400T A ノーマルテンプル です)


ブラウンカーキ (O-4205) は、
表面に厚みが薄い「濃い茶色」を載せて、
裏側にカーキグリーンを入れた、
フレンチシックな配色。
シックな雰囲気では、並ぶもののない色です。






表面に厚みが薄い「濃い茶色」を載せて、
裏側にカーキグリーンを入れた、
フレンチシックな配色
(画像は O-4205 ブラウンカーキ です)


シックな雰囲気では、並ぶもののない色です
(画像は O-4205 ブラウンカーキ です)


ブラックバラフ (NDX703) は、
今回初登場となる、
「グレークリア地に、黒の模様を、べっ甲の柄で入れたもの」
という、変わった素材感を持つ色の生地です。
素材全体にうっすらと
グレー地に黒い、べっ甲模様が見て取れる
という、玄人(くろうと)好みの色合いです。
アートを感じさせる、
新たなる潮流。




「グレークリア地に、黒の模様を、べっ甲の柄で入れたもの」
(画像は NDX703 ブラックバラフ です)



素材全体にうっすらと
グレー地に黒い、べっ甲模様が見て取れる
という、玄人(くろうと)好みの色合いです
(画像は NDX703 ブラックバラフ です)


ビール茶 マダラテンプル (L8400T B)は、
フロントがダークブラウンのクリア生地で、
テンプル(腕)がマダラ模様のはっきりと入った
斜めラインのグレー・ブラウン・ベージュの流れ模様です。
都会派の挑戦的なカラーを腕に配置。
この「B」の組み合わせは、少量のみ生産できた
貴重なパターンです。




フロントがダークブラウンのクリア生地で、
テンプル(腕)がマダラ模様
(画像は L8400T B マダラテンプル です)




テンプル(腕)が、
斜めラインのグレー・ブラウン・ベージュの流れ模様
(画像は L8400T B マダラテンプル です)


ウォールナット茶 (NH3853) は、
茶色系は茶色系なのですが、
よく見れば、素材全体に、
うっすらとウォールナットのような紋様が。
芸術性を感じる木目模様のような
広がりに気づきます。
クラシック感を倍加させる配色。
今回はじめての採用となる、
新定番となりえるカラーです。




よく見れば、素材全体に、
うっすらとウォールナットのような紋様が
(画像は NH3853 ウォールナット茶 です)



芸術性を感じる木目模様のような
広がり
(画像は NH3853 ウォールナット茶 です)



今回はじめての採用となる、
新定番となりえるカラー
(画像は NH3853 ウォールナット茶 です)
バイオラント
各カラー紹介
56□16サイズ


ブラック (M59-551)



ビール茶 ノーマルテンプル (L8400T A)




ブラウンカーキ (O-4205)



ブラック
バラフ (NDX703)



ビール茶 マダラテンプル (L8400T B)



ウォールナット茶 (NH3853)
正面写真 : 岡本 真行
Violant品揃店


大きいメガネ研究会の会員店は、
どこでもバイオラントを在庫していますが、
下記のお店は2本以上の品揃えをした店です。

(* のついている店は、
初回展開の4色を全色在庫したお店です)

北海道


東北

福島県・メガネの石津屋

岩手県・スマイルメガネ研究舎
盛岡MOSSビル店


関東甲信越

東京都・マリコ眼鏡店             

東京都・オプティック・レインボー      


中部東海

静岡県・メガネのオガワ

愛知県・賞月堂一宮店


近畿北陸

大阪府・アイトピア          

京都府・京都メガネ館・本店       

京都府・京都メガネ館・長岡店


中国


四国

高知県・メガネのハマヤ


九州

福岡県・メガネのオガタ


大きいメガネ研究会のオリジナルフレーム
のページに行く

トップページ
大きいメガネ研究会
に戻る