ビックリ! 遠近両用をウスカル枠で作ったら


日本メガネ   塚本満
 初めてウスカル枠で遠近両用を作りました。
結果は「凄い!」の一言です・・・

60才代前半の男性で当店とは以前からお付き合いの深いかたです。
今まではローデンストックやオークリー、ブルガリ等デザイン重視のかたでした。

でもレンズは必ずツァイスのガラス1.8(累進)と、
単焦点のプラスチック1.74を使い分けをしておられました。
(この事から、薄さや軽さも本当は気になさっていたということが伺がえます)

これらのメガネのレンズの最大コバ厚みや重さを、
私は正式には測った事はございませんが、
いずれのメガネでも、分厚いレンズにズッシリとした重量感がありました。

私は今回、強度近視の方々に手紙を書き、
「凄いメガネを扱うことになったんデスヨ」とウスカル枠の宣伝をしました。
このお客様にも、そのうちの一枚が行ったので
それを見て早速作りに来て下さったという次第です。

<調製データー>
R= S−8.00  C−0.75 Ax60
L= S−9.00  C−0.50 Ax80
OCD=68.0


使用枠 スリムリー111
      43□26 天地サイズ34

  この枠は、あるメーカーにウスカル会が提案して、
 累進レンズ対応のウスカル枠として商品化してもらった
 もので、まだ発売されて日が浅いものです。

 オールチタンで軽くて丈夫で、枠のみの重さは約9gです。
 偶然ですが、このお客様のPDとこの枠のフレームPDがたいへんうまく
 合っていまして、まさに、このお客様のためのオーダーメイド・ウスカル枠、
 という感じのものでした。

レンズ  ガラス1.8累進(累進帯13ミリ)

<出来上がりデーター>
総重量   約23グラム
最大コバ   約3.8ミリ
 
(右レンズ等はほぼ枠の中に隠れてしまっているように見えます。)

このかたの前の眼鏡を知っている私は、
ウスカル枠にレンズを入れでできあがったメガネの、
その軽さと薄さには、正直ビックリしました。

できたメガネをお客様にお渡ししましたら、
メガネを手に持たれた瞬間に
「エッ!これ本当にガラス?」
と真顔でおっしゃいました。

このメガネは、私が今までで一番ビックリしたウスカル体験でした。

ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る