ドリオン
ウスカル会のトップページへ ウスカルメガネとはなにか 全国の会員店のご紹介です ウスカル会のオリジナルフレームとは ウスカルメガネの購入のしかたとは ウスカル会へのお問い合わせ ウスカル会のリンク集です


大型に位置するウスカルサイズの
セルフレーム、ドリオンとは



ウスカルフレームとしては
大型サイズに位置するモデル、
ハイセンスなデザインを心がけた、
「ドリオン」が入荷しました。

ドリオン (Dolion)
写真撮影 岡本 真行


玉型はウスカルサイズの中では
標準的な大きさの 43ミリ ですが、
鼻幅がかなり広めの 27ミリ 。
これによって 43□27 で FPDが70ミリとなり、
これまでのウスカルセルフレームの中では
稀(まれ)となる大きさに。


サイズ表記は 43□27 上下幅27です。
フロント総横幅は、
137
ミリです。

メーカー参考小売価格 ¥26000+消費税


鼻まわりのデザインに
かなりのボリューム感を入れる
ことによって、
目と目の間の幅の広めの人向けのモデルに
求められることの多い性能の、
「目と目の間の幅を狭く見せる視覚効果」
を持たせることに成功。

ドリオンをかけた人の顔を
濃い顔に見せ、
写真映りなどをよくする、キリッとした顔に見える
センターシフト効果
と名付けたデザインを付加しています.



中央部の棒状のパーツ,
ブリッジと呼ばれる部分は、
「鼻パッドをセットする」という目的と
「鼻幅を限界まで広く取る」という目的の
両方を持っています。
この2つの目的は、いわば二律背反。

鼻パッドを広くセットしすぎると、
外国人クラスの鼻にしか合わなくなるため、
日本人サイズの鼻に合わせるには狭めのセットが必要。
そうでありながら鼻幅を広く取らないといけない…
「狭くセット」と、全体を「広くデザイン」。
その二律背反の壁を越えるため、
考えに考え抜かれたフォルムとなっています。


腕の横への張りも、ほどほどに取ることで
「上から見たら丸に近い形をしている」という
日本人の顔と頭の形に対する適性も考えてあります。




鼻パッドの設置位置は、
製作段階で構想を固め、
工程の中で自然に張り位置が決まるよう、
フロントのデザインと連動して製造される仕組みです。

そして腕の部分の蝶番(ちょうばん)と呼ばれるパーツは、
これまでの既成のものよりも大型のものを採用し、
この大型サイズウスカルセルフレーム・ドリオンに
相応(ふさわ)しい堅牢性を把持(はじ)しています。


FPDサイズ 基本70



腕のボリュームを多めに取り、幅も広めに
(画像の色はビール茶〔L8400T〕です)



鼻部分のデザインは、考え抜かれたフォルム
(画像の色はビール茶〔L8400T〕です)



鼻パッドの設置位置は、工程のうちに計算されたもの。
そして腕の部分の蝶番(ちょうばん)は、特別製をチョイス。
(画像の色は黒〔M59-551〕です)


フレームPDは70ですので、
目と目の幅(PD)が66ミリから70ミリの人に好適。

日本人の中でも、やや広めのPDを持つ人に
好適となっています。


素材は福井県鯖江市の乾燥アセテート。


フロント(前)とテンプル(腕)で、
実験的な色の組み合わせを試したものを含む、
さまざまな色を製作。




感想アセテートの中でも、
久々に手に入った蔵出しの色の素材、赤茶バラフ。
(画像の色は赤茶バラフ〔VGS498〕です)




薄い茶色の横流れ模様、フリーダムなリズムで走る。
(画像の色は薄茶流れ〔K5001〕です)


今回の「ドリオン(Dolion)」のモデル名の由来は、
『フランス語でいうところのライオン(Lion)』
と、
『フランス語の頭に付くことの多いド(de)』
を、
組み合わせたものが語源となっています。

スペースキャットやフォクシスといった、
動物の名前を冠したウスカルセルシリーズの中の、
ひとつのバリエーションとなっています。




ヨーロッパのイメージを追い求めて入手した
特別な色素材を含むラインナップ
(画像の色はドイツデミ〔VGS508〕です)



〜8つの色〜


このフレームの色は全8色。
新規導入の色素材も含んでいますが、
全体的にヨーロッパのイメージを追い求めた
奥ゆかしい配色
が中心となっています。


右の画像の上から、

ビール茶

赤茶バラフ
薄茶流れ
ドイツデミ
フランスデミ
ミッドグレー横流れ
トータスデミブルー
の順番に並んでいます。


フレームサイズ

43□27


カラーデータ    ドリオン

●43□27サイズ
カラー 色品番
・ビール茶 L8400T
・黒 M59-551
・赤茶バラフ VGS498
・薄茶流れ K5001
・ドイツデミ VGS508 SOLD OUT!
・フランスデミ 3627
・ミッドグレー横流れ H12-231T
・トータスデミブルー VGS500





ビール茶です


黒です


赤茶バラフです


薄茶流れです

SOLD OUT!

ドイツデミです


フランスデミです


ミッドグレー横流れです


トータスデミブルーです



最初にご紹介の
ビール茶(L8400T)は、
フロントはよくオリジナルフレームで使われる
クリアでダークな茶色ですが、
腕の色合いは趣向を変えて、
バッファローホーンを模(も)した
重厚な色素材を使っています。



次のご紹介の黒(M59-551)は、
ドリオンのフォルム、スタイリングのコンセプトを
一直線に表してくれる実直さを示しています。
もっとも売れ筋の色となることでしょう。




腕にはバッファローホーンの柄を模した
アセテート素材が



黒は実直にコンセプトを表す


赤茶バラフ(VGS498)は、
タイマイ(亀の一種)の甲羅の色の中でも、
赤茶色に染め上げられた風合いの豊かな
素材感を再現してあります。
このドリオンのフォルムでこの伝統の色目を使うことで、
えもいわれぬ「高級感」を醸(かも)し出します。


薄茶流れ(K5001)は、
横流れの薄茶色ですが、
イレギュラーに流れる独特のリズム感が、
この色合い特有の個性を主張します。




タイマイの甲羅の赤茶系統の色合いを再現



独特のリズムを持つ横の流れ模様


次のカラーは
ドイツデミ(VGS508)です。
濃い茶色のマダラ柄で、
亀の甲羅柄の風合いを持つものを
デミといいますが、
このデミはドイツ風のイメージの
鈍(にぶ)いコントラストを持つ濃い茶です。


そしてフランスデミ(3627)。
濃い茶色のマダラで、
ドイツデミと非常に似ているのですが、
こちらのデミはフランス風のイメージで、
はっきりしたコントラストを持っている濃い茶です。



↑SOLD OUT!

にぶいコントラスト



はっきりしたコントラスト


そして次のカラーは
ミッドグレー横流れ(H12-231T)です。
中間的な色目のグレーを、
横の流れ模様にして配した、
清涼感あふれるカラーです。
腕には青みがかった横流れの素材が。


最後にご紹介は、
トータスデミブルー(VGS500)です。
ベッコウ(亀の甲羅)の柄の中でも、
青みをわずかに帯びたダークな色合いを再現。
神秘的な風合いさえ持つ、大人の上品なカラーです。




涼しいカラー、ミッドグレー横流れ




ダークな青系統のベッコウ柄


これまでウスカルセフレームでは、
FPD70という大型サイズのものはありませんでした。
このドリオンが、
また新たなウスカルセルフレームの壁を
切り開き、乗り越えたのです。




新たなるウスカルセルフレームの壁はどこに
(画像の色はミッドグレー横流れ(H12-231T)です)
ドリオン 品揃店
ドリオンは
ウスカル会の会員店では、
「メタルフレーム重視店」以外のお店は
どこでも在庫はありますが、
特に下記の店では、
3色以上の品揃え
をしています。

北海道


東北

山形県 メガネのオオツカ


関東甲信越

東京都 マリコ眼鏡店

東京都 オプティック・レインボー


中部東海

愛知県 メガネの井上

静岡県 時計メガネ宝石のオガワ


近畿北陸

大阪府 アイトピア

京都府 京都メガネ館・本店


中国



四国

高知県 メガネのハマヤ


九州


ウスカル会のオリジナルフレーム
のページに行く

ウスカル会のトップページへ ウスカルメガネとはなにか 全国の会員店のご紹介です ウスカル会のオリジナルフレームとは ウスカルメガネの購入のしかたとは ウスカル会へのお問い合わせ ウスカル会のリンク集です
トップページ
強度近視メガネのウスカル会
に戻る