ウスカリズムはフィット性が優れている


甲府市 メガネ・トケイ・ユキエ 雪江美也

 ウスカリズムが売れました。

73歳 女性
フレーム:ウスカリズム 40□24 ピンクマット
レンズ:ガラス1.8(球面設計)

調整度数
R= S−8.00
L= S−9.00   PD R=32mm、L=32mm、
重量    フレーム8g+レンズ11g=19g

レンズこば厚
R 鼻側2.6mm、耳側3.0mm、上側1.8mm、下側 1.8mm
L 鼻側3.0mm、耳側3.2mm、上側2.0mm、下側 2.0mm

レンズカーブ  R 2.5カーブ  L 2.0カーブ

 お客様がこの枠をお選びになったのは、かけ具合が決め手でした。
他のウスカル枠もいろいろかけていただいたのですが、ウスカリズムがフィット感が一番高かったからです。
「一番ぴたっとする」というお客様の言葉がぴったりだと思います。

 腕の形状が工夫されており、バイオチタンZという快適な弾力性を持った新素材を腕に用いたウスカリズムの特長を体感していただいたのだと思います。

そして、ウスカリズムではパットの位置もやや下についていますので、鼻根部分へのフィッティングもしやすく、
このかたの以前のメガネはプラスチックの1.74ASをご利用になっていたのですが、
めがねがどうしても落ち気味になっていたみたいですが、今回はきっちり収まっている感じです。

 出来上がったメガネを掛けてみていただいたときにも、ぴったりしていて気持ちが良いとおっしゃっていました。
きついかなと思ったのですが、大丈夫でした。テンプル形状、その他バランスが取れている枠のためだと思います。

このかたは頭の奥行きが短めで、耳の位置もやや前めにありましたが、それでもとても合わせやすかったです。
また、リムカーブが2カーブ、レンズカーブも2カーブであることで見た目もすっきりできているのだと思います。

玉型が40mmというサイズであれば、メガネがずれることによる視野の狭まりなど、弊害は大きいと思います。
その点ウスカリズムはよく考えられたフレームだと思います。


ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る