ぎりぎりのウスカルサイズの枠に


京都メガネ館 保田光政
 35才、男性。普段はHCLを装用されていて、予備のメガネを作りにこられました。

現在眼鏡 R=S−6.50 L=S−7.00 OCD60ミリ

大体50□18のオーバルです。
レンズは1.67PL非球面、コバ厚は約5ミリ(左)。
処方箋  R=S−6.50 L=S−7.75 BV=(0.7)

まず、今のメガネよりもよく見えること、
そして今もメガネよりも厚くならないこと、
が主なご要望でした。

念のために測りましたが、ご希望の矯正視力も出ており、処方箋どおり作りました。

使用フレーム KS−9766 46□21
使用レンズ TOKAI 1.70PL−AS
OCD61ミリ
コバ厚 R;4.1ミリ、L;4.5ミリ
フレーム重量 15g 総重量 20g

 レンズの薄さだけを追求するのならもっと小さなものがよいのですが、
スタイルも考慮してこの大きさ(玉型も鼻幅もぎりぎりのうすかるサイズです)になりまして、
レンズもプラスチックになりました。

先ほど、お渡ししましたが想像以上に薄く感じられたようで、大変満足して頂きました。
数字では厚みの差は少ないのですが、
数字以上に、見た目での薄くなる効果は大きいものがあります。
ウスカル効果!抜群です。

ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る