比較写真・14


横田 進

ウスカル枠のサイズは様々ですが、
鼻幅21mm以上、玉型46mm以内をウスカル枠、
鼻幅24mm以上、玉型42mm以内を究極のウスカル枠と定義付けています。
では、実際に一般枠とウスカル枠との重量やコバ厚などを比較してみましょう。

フレームデータ
一般枠 ウスカル枠
玉型  53mm

鼻幅  16mm

天地  35mm
玉型  44mm

鼻幅  22mm

天地  25mm

レンズのコバ厚
手前も後ろも同じ度数(S-10.00D)の同じレンズ(プラスチック1.74)を使っています。
一般枠のレンズの方がはるかに厚くなっているのがよくわかります。



同度数の同フレームで、プラスチックとガラスレンズの厚みと重さの違い

いずれも左右ともに S-10.00D PD63 に出来ています。
プラスチック1.74
耳側コバ厚7.1mm

鼻側コバ厚4.9mm


レンズ重量(2枚)13g
耳側コバ厚  4.7mm

鼻側コバ厚  3.8mm

レンズ重量 (2枚) 6g


                           ガラス1.9
耳側コバ厚  5.7mm

鼻側コバ厚  5.7mm

レンズ重量(2枚)  30g
耳側コバ厚  3.8mm

鼻側コバ厚  3.2mm

レンズ重量(2枚)  14g

ウズの出方の比較(1.74プラスチック)
左右の写真を比べると、左側の一般枠のほうはウズが目立つのが分かります。

輪郭の入りこみかたの比較(1.74プラスチック)
一般枠では、
レンズ耳側の輪郭の入り込みが目立ちます。
ウスカル枠では、
輪郭の入りこみが完全に消えないものの、
入り込みはほとんどない。


もう一度ウズの出方を比較してみます。
左の二つが一般枠で、右の二つがウスカル枠です。


比較写真の部屋
のページに戻る


トップページ
強度近視メガネフレームの販売店はここ!
に戻る