イメージ以上に薄く軽く


服部メガネ店  北出勝也
 先日、女子高校生のかたにウスカル眼鏡を販売しました。

 枠は、ローデンストックの4323(46□21)を選ばれました。
玉型サイズではもっと小さなものもあったのですが、
スタイルのお好みで、これに決まりました。

 レンズは、ニコンライト5−AS(屈折率1.74)です。
 厚みを最小限にするにはガラスの方がよかったのですが、
軽さや安全性などを考慮してプラスチックを使うことにし、
その中では最も薄くなるものを選びました。

 調製度数
RV=(0.6xS−9.50 C−1.00 Ax50)
LV=(0.6xS−8.00 C−1.00 Ax150)

(高校生の女の子ですので、
度数がまだ進行しそうですので、少しゆる目に処方してあります)

右レンズ 1.9グラム 中心厚 1.2ミリ 最大コバ厚  4.3ミリ
左レンズ 1.8グラム 中心厚 1.1ミリ 最大コバ厚  4.2ミリ
総重量 15.7グラム


 レンズの枠入れ加工をしてみたら、
−9.50の近視というイメージからすれば、
意外に厚さが目立たないものに出来上がったので良かったと思います。

 重さも、この程度であれば、十分に軽い掛け心地で掛けていただけているようです。
 女子高校生だと、普通はコンタクトを常用している人が多いのですが、
このかたはメガネを常用しておられます。

ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る