剣道用のウスカルメガネ


メガネの井上 井上敬康
32歳の男性のお客さまに剣道用のウスカルメガネを作らせていただきました。

このかたは
本会世話人の岡本さんが経営しておられる「メガネのアイトピア」のホームページで
剣道用ウスカルフレーム「武蔵と小次郎」をご覧になり、
それからウスカル会のホームページをご覧いただき、
ご自宅から比較的おこしになりやすかった当店へおこしいただきました。

ご要望としては、メガネをかけた上から剣道の面をかぶる事ができて、
かつ、日常生活にも使用できる、そういうメガネができないだろうか、というものでした。

以前ハードCLを使用しておられたのですが、
1年前にメガネだけにされたそうで、
現在のメガネでも生活には不自由はないが、
運転の時に標識などがボケる、とのことです。

検査に入る前に
剣道の面をつけても大丈夫なフレームを見ていただいたのですが、
アイトピアさんのホームページに出ていたものとまったく同じ「小次郎」が当店にありまして、
サイズは40□24−140ですが、これだと面にもさわることなく、これに決定しました。

その枠を掛けてご持参の剣道の面をかぶっていただいたところ、
こめかみあたりもテンプルが細いためほとんど気にならないということで、
「面をかぶってもこんなに気にならないメガネを掛けたのは初めてです」
と驚きと感激に満ちた声を聞くことができ、この枠に決定しました。

 ○

前眼鏡
R=(0.6)S−8.00 C−1.75 Ax180
L=(0.7)S−7.00 C−1.25 Ax180 BV=(0.8)
PD=69(R=34.4/L=34.5)

今回処方調製度数
R=(1.0 ×S−7.50 C−2.50 Ax5 1△B.I.)
L=(1.2P×S−6.25 C−2.00 Ax5 1△B.I.)


これまでのメガネは乱視がずいぶん低矯正だったので、ぼやけを感じておられたようです。

レンズは、プラスチック1.7両面非球面を使用。

コバ厚 右=耳側 2.5mm/鼻側 3.9mm
    左=耳側 2.2mm/鼻側 3.8mm
総重量 13g


剣道時にも日常にもどちらにも使えるということも喜んでいただけましたし、
コバ厚が前に比べてぐんと薄くなったことや、
重量も非常に軽くなったことで、
大変満足いただきました。

ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る