ガラスレンズでも前と同じ重さで


メガネのヨコタ 横田 進
 数日前に電話にて
「HPを見て、ウスカルの眼鏡が作りたいのですが、そちらでは何本ぐらい、ウスカルのフレームは置いてありますか?」
との会話から、いろいろとご説明しまして、来店を約束。
後日、ウスカル眼鏡作成のために来店されました。

 38歳の女性で当店から電車で1時間ぐらいのところにお住まいですのかたです。
 現在使用している眼鏡のデータですが、ELLE(ヤング女性用)のナイロールフレームで、50□14、上下40mm、レンズはプラスチックレンズ、コバを鏡面加工してあり、最大コバ厚 4.8mm、重量 22gです。
度数データは

R=S−8.25 C−1.75 Ax10      PD:61.5
L=S−8.50 C−0.50 Ax168


 電話では、当店で視力測定するかと思っていたのですが、地元の眼科の処方箋をお出しになり、拝見しましたところ、

R=S−9.00 C−1.50 Ax180      PD:61
L=S−9.00 C−1.00 Ax180


と、書かれておりました。
 今回はこの度数で作って良いですかと念を押して伺ったところ、
「この度数で作ると、厚くなりますか?」
と、どれぐらい見えるのかよりも、厚みを心配されていました。

元がー9D程度なので、(−0.50D程度増やしても)
「同じ枠に同じレンズで入れたとしていくらかは厚くなるでしょうが、比べても目で見て解るかどうかぐらいなものです」
と説明し、納得していただきまして、この度数にて作成することにしました。

 それから当店にある、ウスカルフレームを見て頂き、SU−212(43□24)に決まりました。
あとはレンズの選択ですが、プラスチックとガラスのメリット・デメリットをお話し、
ご本人は、今回は「うすさ」が、一番の優先順位で購入したいので、ガラスの薄型で……
との事。厚み表を使いながら説明し、1.9の球面レンズになりました。

 製作が終わって、レンズ厚を測ったところ、R・L共に(面取り後)4mmで、かなり薄いくなり、眼鏡総重量 22g(重さは以前の眼鏡と変わりませんでした)で、これならきっと満足してくださると確信しました。後日、引き取りにいらしゃいまして、厚み、軽さにご満足いただけたようです。

ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る