青色カット
(ブルーライトカット)
レンズについて

最近、
可視光線の中で波長が短い青色光線
(ブルーライト)を
比較的多めに減らすことができる
「青色カット(ブルーライトカット)」のレンズ
というのが、
国内の各レンズ会社から販売され、
ネットでも盛んに宣伝されています。
たしかに、
波長が短くて400nmに近い可視光線は
網膜に対して良い影響は与えないようですが、
では、
網膜の疾患などを持つわけではないな普通の眼の人にとって、
そういう光線がどれだけ悪影響を及ぼすのかということについては、
まだ確かなデータはないようです。
医師を交えた治験により
青色カットのレンズの有効性を立証した、
というようなことも
一部の業者により宣伝されていますが、
それに対しては我々の研究会の代表者が
すでに公開質問を出しておりまして、
それに対して質問を受けた側からの回答は来ていません。
*下記をご参照ください。
青色カットのレンズは主として
パソコン作業に好適であるとの宣伝が多く、
パソコン作業用として、
青色カットのレンズがヒット商品となった
ということも、
最近のトピックスとして周知の事実であります。
では、パソコン作業に青色カットのレンズを使うと、
本当に眼のために「良い」のでしょうか。
それに対する
我々パソコンメガネ研究会の見解としては、
簡単に言えば、
「まだよくわからない。
ケースバイケースだろう」
ということになります。
というのは、
青色カットのレンズでパソコンの画面を見ますと、
無色のレンズで見た場合に比較して、
文字などが(特に青色系の文字は)
いくぶんくっきりと見える感じがする人が多いです。
それはそれでよいのですが、
ではそれがはたして眼の健康に役立つのかどうか、
あるいは、
パソコン作業における眼精疲労を防ぐ、
あるいは減殺させることに
役立つのかどうかということについては、
まだ、確かなデータ(エビデンス)がなく、
確実な証拠はないというのが現状なのです。
我々の会員の店で、
これまでに何人かのお客様に、
同じ度数で
青色カットと無色のレンズとの
比較実験をしていただきました。
そうしますと、
青色カットの方が目が楽だ
とおっしゃったかたもおられましたし、
どちらでも目の楽さは変わらない
とおっしゃったかたもおられたのです。
それで、われわれとしては、
現在のところ、次のような見解やスタンスで
青色カットレンズに対して臨んでいます。
1)
適度な度数の無色レンズで
PCを見た場合と、
度なしの青色カットレンズで
PCを見た場合との比較では、
明らかに前者(度数つき)の方が
画面が見やすくて
疲れは少ないと言えます。
これはいわゆる「眼が良い」人、
すなわち、メガネなしで遠くのものでも
はっきり見える人にも言えることです。
なぜなら、
遠くを見る場合と
パソコンを見る場合とでは
眼の働き具合が
違うからです。
2)
同じ度数でPC画面を見た場合に、
青色カットにより、
文字が幾分くっきりと見える場合が多いのですが、
それが眼精疲労の予防や緩解につながるかどうかは不明です。
(最近のメガネレンズは、
無色でも眼に有害な紫外線は100%カットします)
3)
適度な度数の無色レンズでPC画面を見て、
まだまぶしさを感じるようであれば、
茶系の青色カットのレンズにより、
まぶしさが和らぐことがあります。
4)
我々の店では
どこでもすべて青色カットレンズの見本を用意していますので、
同じ度数で無色レンズで見た場合と、
青色カットのレンズで見た場合との違いを
実際に比較してもらうことができます。
その結果、
青色カットの方がよさそうだと感じられたかたには、
青色カットのレンズでPC用メガネをお作りいたします。
(価格は、無色よりも青色カットの方がやや割高となります)

トップページに戻る