パソコン用だけでなく いろいろなメガネをご注文


神戸市  (株)服部メガネ店  北出 勝也
北出
平成17年12月11日に
パソコンメガネ研究会のHPを見て来たという方が来店されました。

ホームページを検索してこられる方は熱心ですし、
検査にも協力的でいいお客さんですね。
信頼していただいていると感じました。

パソコン用眼鏡のほか、普段の遠近両用眼鏡も購入していただきました。

岡本
そのかたは画面までの視距離なんかも測定してきてくださったわけですね。

北出
そうです。60〜70センチくらいとのことでした。その距離に合うようにレンズを選びました。

岡本
単焦点と、遠近累進の二つのめがねを注文されたのは、
北出さんの検査や説明に対する満足度の現れでしょう。(^_^)

北出
現在の眼鏡は調べてみると少し過矯正となっていました。
予約なしで来られたので、結構待ってもらったのですが、怒ってはおられませんでした。

         ○

北出
パソコン用眼鏡を作られた方が受け取りに来店されました。62歳の男性です。

 現在使用中の眼鏡 
 遠近両用 ホヤサミットプロ1.60
R=S−2.00
L=S−0.75 C−1.25 Ax90 加入度+2.50


この眼鏡でパソコンをやっていると左目が疲れてくるとのことです。

パソコンと眼の距離は60センチくらいでデスクトップを使っているとのことでした。

 遠方の矯正度数
RV=(1.2×S−1.25 1.0△B.I.)
LV=(1.2×S 0 C−1.50 1.0△B.I. )


 カバーテストと十字テストの結果と
2△のB.I.を入れたほうが見やすくなるということでしたので、
B.I.を入れることになりました。

 近方の矯正度数
R=S+0.25 1.0△B.I. 
L=S+1.50 C−1.50 Ax90 1.0△B.I.


60センチの距離で近用チャートの十字を見てもらいながら、
やはり2プリズムのB.I.を入れたほうがいいということで
プリズムを入れて作ることになりました。

この近方の矯正度数で近用専用の眼鏡をパソコン用に作ることになりました。
パソコンと書類しか見る必要はないということで近用専用になりました。
出来上がりを掛けてもらった結果、良く見えるようになったとのことです。

今回、遠近両用も作られたのですが、
遠方が右が少し見えにくい(以前過矯正)、
少しぶれが生じる、
1プリズムのB.D.をさらに右目に入れたほうがよくなる
とのことでしたので、
右目の球面を1段上げて、
−1.50Dとし右目に1プリズムのB.D.を加えて作ることになりました。

それでまた1週間後に来店されます。
そのときに1週間パソコン用眼鏡を使用された感想も言ってもらえるでしょう。

B.D.は上下があるのは分かっていたのですが、
今回はB.I.のほうが主たる問題と考え、入れていませんでした。

岡本
それにしても、
これまでお使いの遠近両用は、
少なくともいまはかなりの近視過矯正の状態ですね〜。
そのメガネはいつごろ測ったものだということはお聞きにはなりませんでしたでしょうか。

 かなり昔なのであれば、
そのときにはその度で合っていたのだけれども、
老人性遠視の進行で現在のようになった……
ということもあり得ますが、
比較的最近に測られたものであれば、
測った人がヘタなのか、あるいは、度数が不安定な眼なのかの、
どちらかでしょう。

北出
このかたの続きです。

 遠方の矯正度数
R=S−1.25
L=S 0 C−1.50 Ax90


 近方の矯正度数
R=S+0.25 BI 1.0P
L=S+1.50 C−1.50 Ax90 BI 1.0P


 この度数で近用専用を作ってお渡ししたのですが、
時間が立つと上下の線がぶれるようになるということで、
上下プリズムを入れて作り直すことになりました。

 そのときに中近のレンズを試していただいたところ、具合が良かったので、
中近で作り直すことになりました。

 レンズ名 セイコー・ルーメスト 累進距離20ミリ
R=S−1.50         BI 1P BD 1P
L=S 0 C−1.50 Ax90  BI 1P 
加入度 +1.75


右の球面を測りなおしたところ、遠方の球面が1.25から1.50に変更になりました。
これで具合が良くなり、
パソコンとの眼の距離65センチから、
眼から書類の距離40センチまでに明視距離も広がりました。

遠近両用も同じ度数で作っていただいて、これも具合が良くなったとのことです。
前眼鏡は百貨店で作られたそうですが、近視過矯正気味でした。
プリズムはもちろん入っていません。

結局、遠近両用もパソコン用も1回ずつ作り直したのですが、
最終的に2つともご満足いただけてよかったです。

同度数でゴルフ用も作っていただきました。本日受け取りに来られました。
東海光学のゴルフ用レンズですが、具合は良さそうです。

それから平成18年1月10日に、この客さまから下記のようなメールをいただきました。
名前も実名で載せてくれてもよいとおっしゃっていただきました。

*******  パソコン用メガネについて ******

                      宝塚市 西山博幸

小生は60才台に入った男性。
最近パソコンを活用する機会が増え、
目の疲れや文字の霞み首筋から肩にかけての痛みもひどく感じるようになって来ていた。

そんなおり新聞の通販広告で知った某コンピューターレンズの効能に期待感を持ち、
クリップオンタイプのものを手配、辛抱強く試してみたが一向に問題の解決には至らなかった。

その後に思い至ったのが
基本となるメガネそのものが視力と使用目的に合ってない限り、
根本的な解決はあり得ないのではないかと言うことです。

回り道をしてしまった感はありますが、
ホームページの検索で知った「パソコンメガネ研究会」リストに有った
神戸の専門店に出向き調製していただいたメガネに出会って全てが解決、
快適なパソコンライフが送れています。

幾度かの調整を通じて「中と近」を中心にした、30〜80cmの使用条件にぴったりのものです。
これが縁で、お出掛け用からゴルフ用、奥さんの白内障手術後のグラスと調製していただきました。
ホーム用も近くお願いしようと相談しています。

お陰さまでメガネに関する信頼できるホームドクターを得て豊かな気分になっています。
北出検眼士有難うございました、今後とも宜しくお願いいたします。


「パソコンメガネ販売記」のページに戻る


トップページに戻る