パソコンメガネに関するQ&A



Q. パソコンメガネと一口に言っても、いくつか種類があるように思うのですが。

A. はい。大きくわけると、ざっと4種類ほどあるのではないでしょうか。


(1)色つきで度なし

  これは通販などでもよく販売されてるようですが、
パソコン画面を見ていて、なんとなく眩しさを感じる人には有効な場合もあると考えられます。 
そして、パソコン作業ように特別の色が付けてあるといううたい文句のレンズもあるようですが、
それと似た色のレンズを普通の染色方法で作った普通のプラスチックレンズとの比較実験のデータがなさそうなので、
その「パソコン作業専用の特別の色」と打ち出すだけの価値があるのかどうかは、まだ判然としないようです。

また、どういう場合に、どういう色がよいのか、
その場合に、他の色ではいけないのかという区別も、いまひとつ明確な説明はないようです。

また、単に色がついているだけでなく、
紫外線カットだとか電磁波カットだとかの機能もうたっているものが多いですが、
たとえば、電磁波カットのレンズとそうでないレンズを厳正に比較実験したというデータもないようです。

 また、紫外線に関しては、
普通のメガネに用いられるレンズは、プラスチックであれば、
どれでも目に与える害が顕著な320nm以下の有害紫外線は100%カットしますし、
目に与える害がまだよくわかっていない、波長の長いUV−A波も、大半はカットしますので、
UV400カット(波長400nmまですべてカット)という性能が、
パソコン作業において目の疲れを防ぐということに関してどれほど有効であるかは、
よくわからないと言えるでしょう。


(2)色なしで度もなしのレンズ

無色のプラスチックレンズで、度もなくて、
レンズに細かい蜘蛛の巣のような感じのものが入っており、
それが目の疲れを防ぐ効果を発揮するというレンズもありますが、
たとえば、このレンズを使った人50人と、裸眼の人50人で比較実験をやったら、
使った人の方が目の疲れが少なかったというような結果では、
そのレンズの有効性を証明することにはなりません。

 なぜなら、プラセボ(暗示)効果があるからです。

 そのレンズと、同じ程度の視感透過率を持ったごく薄いグレーのレンズとの比較実験、
というような研究は行われていないと思います。
そういう実験(治験)を二重盲検法(メガネを渡す人も渡される人も、
それが本物か偽物かかがわからない)で行なって有意な答えが出れば、
そのレンズに有効性があると言えるでしょう。

また、無色で紫外線や電磁波をカットするレンズというものでも、まったく同じことが言えます。


(3)度つきのレンズ・1

この場合、大きくわけて2とおりあります。

 老視(老眼)のある人においては、
裸眼や遠く用のメガネよりも、適度な近く用の度数の入ったメガネでパソコン作業をすれば、
見やすくて目の疲れもおこりにくいのは当然です。
それに対応するレンズはいろいろな種類のものが出ていますし、
レンズメーカーもさかんに宣伝をしていますので、みなさまよくご存じだと思います。

 また最近、あるメーカーから、
30歳前後から上の人で、まだ老眼になっていない人用の
パソコン作業用にも良い、常用メガネレンズということで、
ごく弱い加入度(1D)を持たせた累進レンズも発売されました。

 しかし、それはあくまでも、

「そのレンズまかせで、
遠く用の度数よりもやや弱い度数のところでパソコン画面を見れるから、
普通の遠く用のメガネをかけてパソコン作業をするよりも楽なはず」、

ということにすぎず、
ある人物が、ある距離にあるパソコン画面を長時間見るのに最適の度数はどうなのかとういうことを
厳密に測定した上で作られるメガネではありません。

 また、仮にそのように測定したとしても、
老視以前の人であれば、メガネのどの度数の部分でパソコン画面を見ることになるのかが判然としない
(どこで見てもパソコン画面ははっきり見えるのです)ので、
その効果のほどは、やや予測が難しいということになりかねません。


(4)度付きのレンズ・2

度つきで、もうひとつ。
 これが私が提唱するパソコンメガネのレンズの本命というべきものなのですが、
老視のない人向きのパソコン作業専用のレンズで、それの度数を的確に測る方法を、
私は先般日本眼鏡技術研究会にて発表しました。

 ですから、私だけでなく、その発表を聞いて理解した人で、
その「ある種の近く用の視力表」を持っている人なら、
おそらくこのパソコンメガネは処方調製できると思います。

 その視力表の効果は顕著で、それで検査すれば、
あなたが裸眼またはメガネをかけてパソコンの画面を見ているときに、
目が少し無理をしている状態かどうかというのが、明確にわかるのです。

 このパソコンメガネは色つきでも色なしでもできますし、
目に有害な紫外線はほとんどカットするものですが、
キーポイントは、その度数の選びかたにあるのです。

 そして、これまでに多くのかたにこのタイプのパソコンメガネを私は処方調製していますが、
これを使用すると実際にパソコン作業において目の疲れが少なくなったと喜んでもらえるケースが非常に多いのです。




Q. 私は視力が1.5で遠くでも近くでも良く見えます。
でも、パソコンをずっとやっていると目がしんどくなってきます。
こんな私に合うパソコン用メガネはあるのでしょうか。


A.あります。遠くの視力が良い人ほど、
近くを見る続けていると疲れが早く来るという傾向があります。
 あなたと同様に、遠くは裸眼でよく見えるかたで、
パソコンメガネを使うことにより、目の疲れをかなり減らしておられるかたが、大勢おられます。


Q.  パソコンを使うときに、目の疲れるのを防ぐ方法は何かあるのでしょうか。


A.  それについては  こちら  をごらん
ください。



トップページに戻る