レーシックで失敗?


レーシックの失敗?で深視力が出なくなり、
パソコンが見えにくくなったかた
メガネのアイトピア 岡本隆博


 28歳男性の事例です。

 これまでは近視のメガネを掛けて深視力テストにパスしていたが、
この2月にレーシックをしたら
 先日(9月)の深視力検査で、
棒が4本見えてまったくわからなくなった、とのことです。

  持参眼鏡なし。

 ただし、家には近くを見る用のメガネがあり、
それはレーシック手術のあとで、近くを見て眼が
 疲れるようだったらこれを掛けさいと言われてもらったもので、
パソコンをやるときは、それを掛けないとすぐに眼が疲れ、
掛けるとましになるとのことです。

 (+1程度の安物の既製老眼鏡だと推察されます。
もちろんフィッティングなどしていないでしょう)


  当店検査

  両眼開放屈折検査
  R=0.6(1.2×S+2.00 C−1.25 Ax75)
  L=1.2(1.5×S+0.75 C−0.50 Ax140)


 右眼が、かなりの遠視性乱視です。
 これを掛けた方が、棒の奥行きはわかりやすいが、
掛けなくてこの店の検査器械ならまあまあわかる、とのこと。

 それで、試験場にある覗き込み方式と
こちらの方式との違いを説明しました。

 裸眼で近くの視力表をみると、
すごくチカチカ感があり、
メガネで見ると、だいぶ落ち着くとのこと。


 「パソコンをやるときには、
このメガネでやる方がよいですけれど、
ただし、いつまでも、この度数でよいかどうかということは
わかりませんし、このメガネで確実に
深視力の試験に通るとは保証できません」

ということを申し上げました。


 そうすると少しお考えになられて、
結局メガネをご注文いただきました。



 (解説)
近視手術では、
結果として良い視力は出ていても、
弱度の遠視になっていることが多く、
そうすると、
裸眼のままで近くの本やパソコンやケイタイなどを見ると
目が疲れるということになる場合が、
よくあります。

トップページに戻る