理想的に薄くなった例


神戸市・服部メガネ  北出勝也
 岡本
 兵庫県三木市在住の43歳の女性(度数は−9D前後)から
ウスカル会の事務局に
「三木市の近辺でウスカル枠を置いている店は?」
という問い合わせがあり、当方で調べてみましたが、
三木市の近辺にはないようなので、神戸の服部メガネさんへ行っていただきました。

「服部メガネの北出さんは、
アメリカの検眼士の資格をもっておられるかたですから、
技術的な点でもご安心いただけます」
と申し上げました。

北出
 はるばる三木からおいでいただきました、
この女性は、普段HCLをしておられるのですが、
なるべく眼の健康のために眼鏡を使用したい、眼鏡で運転することもある、とのことでした。

 このかたのメガネは、下記のようになりました。 

 RV=(1.2×S−9.00)
 LV=(1.2×S−10.00) PD64
 レンズ 東海光学 αナインEX 屈折率1.892
 フレーム TFC 41−23

 右レンズの最大コバ厚 2.8ミリ 重さ5.0グラム
 左レンズの最大コバ厚 3.3ミリ 重さ6.0グラム
 フレームの重さ 8.0グラム 総重量 19グラム


 枠のスタイル、レンズの厚さと重さ、
どれも十分ご満足いただけたようでホッとしています。

 なお、現在使用の眼鏡についても、そのレンズを生かして、
上記と同じ枠を使って枠換えをさせていただきましたが、
それについてはその日にお持ち帰りいただきました。

岡本
それに関しては、新しいメガネができあがる前に事務局へ、
この女性から下記のような趣旨のメールをいただきました。

     ●

 ・現在使っているメガネのレンズもこれに入れ直していただき、昨日から早速使っています。

 ・主人が、「メガネが目立たなくった」、舅が「かわいらしくなった」と褒めてくれました。

 ・確かに、同じメガネのレンズとは思えないくらい薄くなり、
 「新しいメガネは、もっと薄くなりますよと」と北出様もおっしゃるので、大変楽しみにしています。
 これからはメガネで外出することができそうです。
 
 それから、新しいメガネに関しては、
 フレームPDもご本人のPDも、どちらも64でびったし同じ、
しかも玉型サイズが41と、かなり小さめですから、これは理想的に薄くなった例ですね。

 こういう例を見るにつけ、ああ、ウスカル会を発足させて良かったな、と思いますね。

ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る