重さが前のメガネの三分の一に


時計メガネ宝石のオガワ  青島弘明
プラスチックレンズのメガネが38gも!
 ウスカル会のホームページをご覧になって、48歳の男性がご来店になりました。

 まず、お見えになる前にTELでお問い合わせがあり、大まかな話をしました。
メガネの厚さと重さが苦になっているという事でした。

 ホームページを見たら、少しでも早くどんなメガネなのか、見てみたいということで、
初めの日は商用の途中でお寄りいただき、ウスカル枠を見てお帰りになり、
後日またおこしいただきました。

 これまで使用のものはセル枠で、サイズは58□14。かなり大きい感じです。度数は

RV=(1.2×S−4.75 C−0.75 AX42)
LV=(1.2×S−5.00) OCD68


 レンズは1.6プラスティック非球面で、厚さは鼻側3. 2ミリ耳側4.8ミリ、重さはなんと38グラムでした。

 このときも商用中で時間がないのと、今の度数で問題ないとおっしゃるので、フルコースの検査はせず、
裸眼視力といまのメガネでの視力チェック、オートレフ、バランスチェック+0.25雲霧で装用テストのみをしてみました。

 その結果、やはりいまのメガネの度数でよいという事になり、レンズは1.6プラスティック非球面レンズで、枠はSU113(44□24)にて作成しました。

 出来上がりの厚みは、鼻側2.7ミリ 耳側2.8ミリで、枠からのはみだしがほとんどないような感じです。
 重さは12.8グラムで、以前の3分の1です。

 お顔の割りにメガネが小さい感じもしましたが、装用感を重視したいとおっしゃり、周りの目が慣れるまでは交代でお使いになるとの事でした。

 2週間ほどしてウスカルメガネを掛けておいでになり、
「軽くてとても楽。ずっと使っている」
と大変満足されているようでした。

ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る