シンメトリーの穴が良いと


大阪市 メガネショップ・サノ  佐野 豊

52歳の男性にシンメトリーを販売しました。

現在の眼鏡度数
R=S−7.50 C−1.00 Ax5
L=S−8.75 C−1.25 Ax165


パソコン用として使用。
ハードCLと併用。

48mmの金属枠に
プラスチックレンズが入れてありまして、
重さはさほどでもないのですが、
レンズの厚みはかなり目立っていました。

今回は
車の運転に使うものをご希望ですので、
これよりも度数は強くなると予想されます。

さっそく測定してみました。

完全矯正値
R=S−9.75 C−1.25 Ax25
L=S−11.00 C−1.75 Ax180 BV=(1.0)
PD R=32 L=32.5

作製眼鏡度数
R=S−9.25 C−1.00 Ax25
L=S−10.25 C−1.50 Ax180 BV=(0.8)


自動車を運転にご使用されるので、
視野の点で広いルキウスもお見せしたのですが、
シンメトリーのデザインが気に入られました。

特に智部の穴のデザインが、
変わっていて面白いと気に入られたので
シンメトリー(FPD66)に決定しました。

使用レンズ
ガラス 屈折率1.8球面設計

 出来上がりのレンズの厚さを、
シュミレーションした所、
R3 2ミリ L3.4ミリとなりましたので
サンプルにて、ご覧頂きました。

 テストフレームと、
事前のフィッテイングをしたシンメトリーの頂間距離の差が
2〜3ミリありましたが、
もう少し良く見える方が良いと言われましたので、
そのままの度数にしました。

 出来上がりのメガネを調べてみますと、

レンズの最大コバ厚
(R3.0ミリ L3.1ミリ)

重量 18.8グラム


となりました。

 お渡しの日、
出来上がりを楽しみにご来店になったお客さまのご感想としては、
レンズの厚さについては、
度数なしのレンズの厚さとそんなに変わらないと喜んで頂き、
重さも軽いねとおっしゃっていただきました。

 気に入っておられたフレームのデザイン、
そしてカラーもご満足いただき、
出来上がりのメガネを掛けてお帰りになりました。


シンメトリー販売記
のページに戻る


トップページに戻る