続けさまにお二人が


メガネの朝日堂・浅野隆之

 暮れも押し迫って、ウスカルのお客さまが続けさまにお二人お見えになりました。

39歳・女性

 前眼鏡
枠 合金メタルフレーム 48□19
度数 R=S-8.75 C-0.75 Ax180 PD=31.5
   L=S-8.75 C-1.25 Ax10 PD=31.5
レンズ種類 1.71プラスチック非球面 HOYA NL  LXS−H 最大コバ厚 5.2mm
メガネ全体の重量 22.2グラム

 新眼鏡
枠 SU−212 43□24 チタンフレーム
度数 R=S-8.75        PD=33.0
   L=S-8.75 C-0.75 Ax180   PD=33.0
レンズ種類 1.80ガラス非球面 
最大コバ厚 3.1mm
メガネ全体の重量 19.6グラム


 前眼鏡はサイズはそれ程大きくはないのに、智の部分の張り出し部分がなく、
常にこめかみ部分を圧迫しているため、下がりやすく広がりやすい状態でした。

 以前にウスカルの案内DMを差し上げていたので、ウスカルフレームがあることはご存じでした。
 ウスカルフレームのFPDは67mmでしたので、ほぼ中央にレンズが来ます。
ガラスレンズでもウスカルのフレームにすれば薄く、軽くなりますよ、と説明して、
パソコンでシミュレートしたらプラスチックよりも軽くなるので、今回はガラスの非球面に決定。
 当然、もっと薄くなりました。

 こめかみへの圧迫もなくなったので、軽くて非常に掛けやすくなったとお喜びです。
 今まではハードコンタクトをメインに使っていたが、パソコン作業が多いので、
これからはメガネをメインに使いコンタクトは運転のときにだけ使うとおっしゃってお帰りになりました。

 58才 男性

 前眼鏡
枠 合金メタルフレーム 56□18
度数 R=S-5.25 1.00add PD=32.5
   L=S-5.50 1.00add PD=31.5
レンズ種類 1.60プラスチック遠近両用 HOYALU    X 最大コバ厚 6.0mm
メガネ全体の重量 38.4グラム

 新眼鏡
枠 スリムリーSU−111 43□26 チタン
度数 R=S-5.50 C-0.25 Ax65 2.25add P0.50 UP
L=S-5.75 C-0.75 Ax105 2.25add P0.50 DN
PD R=32.5 L=33.0
レンズ種類 1.50プラスチック遠近両用 HOYA  STP15VS-H 最大コバ厚 4.3mm
メガネ全体の重量 15.8グラム


 度数はそれ程強くないのですが、安価に薄くできる例です。
 前眼鏡は運転時には弱くてよく見えないので、運転時には他の強い度のメガネを使用している。
遠近両用で作りたいがなるべく価格の高くないメガネにしたい……とご来店。

 当方は、1.50屈折の遠近両用にすれば価格は抑えられるが、
以前のメガネのようなサイズではレンズのフチ厚がかなり目立つようになる、と説明。
「レンズが薄くなって、価格も抑えるならウスカルが良いですよ」と提案した。

 かなり、サイズが小さくなってとまどっていらっしゃったが、
「安くなるなら」とウスカルに決定されました。
 出来上がりのメガネを眺めてみて、掛けてみて、薄くて軽いのにビックリされ、
遠方も近方もかなり見えやすくなったとおっしゃって、そのまま掛けてお帰りになりました。


ウスカル眼鏡、販売記
のページに戻る


トップページに戻る