ベンズコード
ウスカル会のトップページへ ウスカルメガネとはなにか 全国の会員店のご紹介です ウスカル会のオリジナルフレームとは ウスカルメガネの購入のしかたとは ウスカル会へのお問い合わせ ウスカル会のリンク集です


ボストン型の眼鏡の
クラシカルな型を踏襲する
「ベンズコード」とは



ウスカルメガネフレーム。
それは、強度近視のレンズを薄く軽くする、
機能的なメガネフレームのこと。

そんな強度近視用のウスカルメガネフレームの中から、

かつてリリースした
「ベンデミル」に近い性質を持つモデル、

その名も
「ベンズコード」が登場です。




「ベンズコード」とは
(画像は、 カラー1 クラシックシルバー です)


メーカー参考小売価格 ¥28000+消費税


「ベンズコード」は、
以前にリリースした「ベンデミル」と
同じレンズ玉型で製作しています。


やや小さめの玉型のボストンタイプ
でデザイン。


大きめの顔ではなく、
平均的な大きさか小さめサイズの顔に
このベンズコードは適合しますが、


こういった「ややレンズが小さめのメガネ」は、
『目そのものを大きく見せる効果:』
を持っています。


ただし、『顔を小さく見せる効果』は
それほどありません。


見た目を良くするためのメガネと考える場合も、
一度顔にかけてみて
よく考えたうえで決める必要があります。


この「ベンズコード」は、
以前に出したベンデミルと同じで、
レンズ天地幅が広めで、
横幅狭めのレンズサイズを持つ
メガネを求めている人に
うまくかけこなせるモデル

ということで、設計しています。




以前にリリースした「ベンデミル」と
同じレンズ玉型で製作
(画像は、 カラー1 クラシックシルバー です)



平均的な大きさか小さめサイズの顔に
このベンズコードは適合

(画像は、 カラー7 クラシックゴールド です)




こういった「ややレンズが小さめのメガネ」は、
『目そのものを大きく見せる効果:』を持っています
(画像は、 カラー9 クラシックブラウン です)


ベンズコードは、
ボストン型のメガネフレームですが、
ダミーレンズは、
レンズサイズ42mmと表記しています。


しかし実寸はだいたい
レンズサイズ41mmくらいで、
レンズとレンズの間の幅は、
表記が24mmで、実寸も24mmほどです。



フレームサイズは、
42□24 (フレームPD:基本66)
ですが、
実質は41□24くらいと
思っていただいたほうがよいかと。


目の中心と目の中心の間の幅が
61〜65ミリ(これは日本人の標準的な長さです)
の人向けです。


フレームサイズ

42□24
(フレームPD66弱)




ベンズコードは、
ボストン型のメガネフレーム
(画像は、 カラー1 クラシックシルバー です)




ダミーレンズは、
レンズサイズ42mmと表記

(画像は、 カラー7 クラシックゴールド です)




しかし実寸はだいたい
レンズサイズ41mmくらい

(画像は、 カラー9 クラシックブラウン です)



3種類のカラー



こまかなパーツや形状についてと一緒に、
ベンズコードの3つのカラーについて。

カラー1 クラシックシルバーは
フロント部に焦げ茶マダラの転写を入れています。

カラー7 クラシックゴールドは
フロント部に薄茶マダラの転写を入れています。

カラー9 クラシックブラウンは、
フロント部に赤茶マダラの転写を入れています。



レンズとレンズの中央の棒部分…
ブリッジと呼ばれるパーツは、
「マンレー」という名のタイプの形状。

伝統的なフォルムとなります。


両サイドの関節のパーツ、智(ち)という部分に、
腕(テンプル)、
レンズ周りの枠(わく)のリムという部分、
それぞれにクラシックを意識した意匠(いしょう)を
採用しています。


鼻パッドは、逆U字と言われる、
フィッティング性能の高いものを使用。

かなりの形状変化の柔軟性を持ちます。




カラー1 クラシックシルバーは
クラシックなシルバー。アンティークシルバーに比べて
懐古調の雰囲気のより強い、風格を重視した色タイプ。
フロント部の焦げ茶マダラの転写は、
ボディ全体との一体感を狙って、濃い目をチョイス。

カラー7 クラシックゴールドは
いわゆるアンティークゴールドよりも
光沢の少なめの落ち着いたカラー。
フロント部に薄茶マダラの転写を入れています。
黄色みを帯びた、このゴールド系カラーと
マッチする色目です。

カラー9 クラシックブラウンは、
茶色系統のなかでも
かなり渋(しぶ)い色合いです。
フロント部の赤茶マダラの転写は、
標準的な茶色よりも、こころもち赤みを帯びた
「このボディの茶色のための赤茶転写」を選択。




(画像は、 カラー1 クラシックシルバー です)



(画像は、 カラー7 クラシックゴールド です)




(画像は、 カラー9 クラシックブラウン です)


カラーデータ ベンズコード

●42□24サイズ
・クラシックシルバー カラー1
・クラシックゴールド カラー7
・クラシックブラウン カラー9

カラー展開が
カラー1
カラー7
カラー9
という奇数展開なのは、
もし今後、腕だけ違う色の別カラーとか、
そういう「アレンジカラー」を出すことがあった場合に、
カラー2やカラー4などの偶数を使ったり、
そういう目的で割り振ってあるだけで、
特に深い意味はありません。



ウスカル会」のオリジナルフレームとして、
リリースされています。

福井県鯖江市による、
チタン製のメイドインジャパン。


レンズの片面に
Benscode
の文字。

以前のベンデミルから、
「ベン」をもらって命名しています。
ベンデミルと同じようにかけこなすことができます。

ウスカルフレームの中でも、
けっこう幅の狭めな顔に適合する
フレームサイズを持つ、このベンズコード。

フレームの横幅をできるだけ絞って
作ってあります。

最初顔にかけたときに、側面部が当ったとしても、
フィッティングの際に調整して
たいていの場合はうまく合わせることができます。

遠近両用など、
累進レンズにも完全に適合する、
34mmという、じゅうぶんな天地幅を持ちます。


年齢問わず似合うように、
色合いに独自のこだわりをもって
選んでいます。




福井県鯖江市による、
チタン製のメイドインジャパン
(画像は、 カラー1 クラシックシルバー です)



累進レンズにも完全に適合する、
34mmという、じゅうぶんな天地幅を持ちます

(画像は、 カラー7 クラシックゴールド です)



色合いに独自のこだわりをもって
選んでいます
(画像は、 カラー9 クラシックブラウン です)

ベンズコード
各カラー


クラシックシルバー (1番カラー)



クラシックゴールド (5番カラー)



クラシックブラウン (9番カラー)
写真撮影者 : 今回の画像の提供は、オプティック・オベロンさんです
Benscode 品揃店
ベンズコード
会員店ならどの店でも在庫していますが、
特に下記の店では、
2色以上の品揃えをしています。
 のマークのついているお店は、全色在庫です。)

北海道

札幌市 グラスタイム シバタ


東北

福島県 石津屋時計店         

岩手県 スマイルメガネ研究舎
盛岡MOSSビル店
             

山形県 メガネのオオツカ       


関東甲信越

東京都 マリコ眼鏡店       

神奈川県 オプティック オベロン       

山梨県 メガネ・トケイ・ユキエ       

茨城県 メガネのトーキョードー       

東京都 オプティック・レインボー       

東京都 視力相談室アイランド

千葉県 optic DAIWADO           

神奈川県 メガネのなかむら・中山店


中部東海

愛知県 メガネの井上

静岡県 時計メガネ宝石のオガワ

愛知県 賞月堂一宮店


近畿北陸

大阪府 アイトピア            

大阪府 メガネショップ サノ       

京都府 京都メガネ館・本店       

石川県 オプトパル            

兵庫県 メガネのアマガン センター店


中国

-


四国

高知県 メガネのハマヤ


九州

福岡県 メガネのオガタ          

大分県 メガネの豊福



ウスカル会のオリジナルフレーム
のページに行く

ウスカル会のトップページへ ウスカルメガネとはなにか 全国の会員店のご紹介です ウスカル会のオリジナルフレームとは ウスカルメガネの購入のしかたとは ウスカル会へのお問い合わせ ウスカル会のリンク集です
トップページ
強度近視メガネのウスカル会
に戻る