TOP 大きいメガネ研究会
バローネR



大人気モデル
「バローネ」シリーズの「R」型が登場



以前に
大きいメガネフレーム
「バローネ」「バローネU」をリリースしましたが、

レンズ一枚の横幅58mmながら、
サイズ表記よりも、顔にかけてみたら
かなり大きめに感じるこのモデル、

とくに人気が出ていまして、

増産リモデル

を、今回新しく作ってみました。

微妙に前回とは違うパーツも導入した
この「バローネR」は、
●レンズの天地幅を3mm増やして製作
●鼻パッドパーツを仕様変更
●腕パーツのチタンの厚みを変更
●少しアレンジした色も製造

の4つの特徴を持ちます。


メーカー参考小売価格
\33000(税込)
\30000(税抜)




レンズの横幅、58ミリのサイズです。
(画像は、58□18 カラー1 マットブラック です)




微妙に前回とは違うパーツも導入
(画像は、58□18 カラー1 マットブラック です)



基本的な構造は変わっていない、
今回の「バローネR」ですが、
こころもちスポーツモデルの雰囲気も持っています。


このモデルは、
バローネから引き継いだ、
大まかな見た目・フォルムは不変のものですが、
レンズサイズとパーツ選びで
特徴がいくつかあります。


まずはレンズサイズ。
これまでのバローネとバローネ2では、
レンズ天地幅がおよそ30mmでしたが、
今回のバローネRでは33mmにしています。
とはいっても、
フレームのフロント形状は基本的に変えず、
下方向に3mm分伸ばしただけのシンプルなアレンジ。

ドライビングなどの
見通しを必要とするときや、
遠近両用などの
累進レンズへの適応力がアップしています。

上半分にのみフレームがある
ナイロールタイプですので、
これまでのバローネやバローネUを、
天地幅33mmなどに変化させて作る事も可能です。


レンズ上下幅が広くなったモデルを出したことで、
2つの天地幅の、
違った表情を持つバローネシリーズの
イメージを見て比べることができます。




こころもちスポーツモデルの雰囲気も持っています
(画像は、58□18 カラー1 マットブラック です)




フレームのフロント形状は基本的に変えず、
下方向に3mm分伸ばしただけのシンプルなアレンジ
(画像は、58□18 カラー1 マットブラック です)



次に腕の使用パーツ。
バローネやバローネUよりも
薄くて弾力性の高い厚みの腕パーツを使い、
粘り強い眼鏡を目指しています。




そしてメタルフレーム史上、
空前の「高いフィッティング性能」を持つ、
当方のオリジナル開発の
メタル・クリングスパーツによって・・・・・・

上下左右、
奥・手前、すべての方向に
最大限のフィッティング調整の可動域を持つ
鼻パッド部分となっています。


「Gタイプクリングス」と名付けられた
このクリングスパーツは、
レンズ天地幅を、さらに下に広く改造したとしても、
問題なくフィッティング調整することを
可能としています。



ゆとりあるレンズ上下幅が可能となり、
このモデルの見本の33mmだけではなく、
35mm、38mm、かなりの下方向への延長が可能となる
このバロ−ネR独自の性能をもたらしたのが
このGタイプクリングスです。

逆に、33mmよりも上下幅を狭く作ったとしても、
Gタイプクリングスは、
上への鼻パッドの移動を
楽々こなしますので、
対応が容易です。





薄くて弾力性の高い厚みの腕パーツを使い、
粘り強い眼鏡を目指しています
(画像は、58□18 カラー1 マットブラック です)



このバロ−ネR独自の性能をもたらしたのが
このGタイプクリングスです
(画像は、58□18 カラー1 マットブラック です)


3つのカラー



3種類のカラー選び、
バローネRは、これまでの
「バローネ」「バローネU」と比べて、
渋さを重視した色目になっています。


カラー1 は「マットなブラック」です。
前回のバローネUまでのツヤありの黒と比べて
精悍(せいかん)な仕上がり、
シャープな雰囲気をより高めています。


カラー7 は「マットなディープレッド」です。
これは前回のバローネUと同じ色です。
ムードのある色。


カラー9 は「マットなダークブルー」です。
これまでのバローネシリーズは
ツヤありブルーで明るめでしたが、
今回は渋めの濃いマットブルーカラーをチョイス。


カラーデータ バローネR
●58ミリサイズ
・マットブラック カラー1
・マットディープレッド カラー7
・マットダークブルー カラー9


カラー展開が
カラー1
カラー7
カラー9
という奇数展開なのは、
もし今後、腕だけ違う色の別カラーとか、
そういう「アレンジカラー」を出すことがあった場合に、
カラー2やカラー4などの偶数を使ったり、
そういう目的で割り振ってあるだけで、
特に深い意味はありません。



シャープな雰囲気をより高めています
(画像は、58□18 カラー1 マットブラック です)



ムードのある色
(画像は、58□18 カラー7 マットディープレッド です)




今回は渋めの濃いマットブルーカラーをチョイス
(画像は、58□18 カラー9 マットダークブルー です)



黒はマットに


「バローネR」のシャープな
弾力性の強い腕の魅力を
強く感じることができる腕が、
このカラー1のマットブラックです。

ほっそりとした腕のスタイル性と、
色のブラックマットのシンプルさが、
連動するかのように
スポーティー・シックにまとまっています。

チタン素材のため、
かなり軽く仕上がっており、
軽快さと丈夫さの中間地点を
うまく探し出しています。





ほっそりとした腕のスタイル性と、
色のブラックマットのシンプルさ
(画像は、58□18 カラー1 マットブラック です)


軽快さと丈夫さの中間地点を
うまく探し出しています
(画像は、58□18 カラー1 マットブラック です)


赤はディープに


バローネシリーズで
定番となっていて、
変わらぬ魅力を持つのがこの
カラー7 の マットディープレッドです。

男性にもごくごく普通にかけこなすことのできる、
深みある赤のボディは、
ハズレ無しの定番として
受け継がれているカラーです。

天地幅が広くなったこの
バローネRにあっても、
野暮ったくなることもなく、
スマートな印象を保っています。

いたるところに、
スリット(細いスキマ)の開けられた、
すっきりした構造によって、
軽量化と現代的なイメージを
手に入れています。




変わらぬ魅力
(画像は、58□18 カラー7 マットディープレッド です)



野暮ったくなることもなく、
スマートな印象
(画像は、58□18 カラー7 マットディープレッド です)



スリット(細いスキマ)の開けられた、
すっきりした構造
(画像は、58□18 カラー7 マットディープレッド です)


青はダークに


今回バローネグループとして、
もっとも印象が変ったものが
このブルー系統です。
カラー7 の マットダークブルー。

以前のマリンブルーは、それはそれで
独自の雰囲気を持つものでしたが、
同じブルー系を作るなら
少し雰囲気を変えてみようということで、
このダークブルーを試しています。

オリーブ色がかった、
多くのアジア人の中間色系の肌色には、
このダークブルーがよく似合います。

若さよりは、クッキリとしたコントラスト。
はっきりとした目鼻立ちを強調することを
重視して作られているのが、
ダークブルーの最大のテーマです。

このバローネシリーズの長い腕。
店頭でのフィッティング作業によって
先セルを抜いて腕を短くカットし、
短い腕に改造することが可能です。

耳が後ろのほうについた人には、
このままの腕でじゅうぶんに対応できます。




もっとも印象が変ったものが
このブルー系統
(画像は、58□18 カラー9 マットダークブルー です)



多くのアジア人の中間色系の肌色には、
このダークブルーがよく似合います
(画像は、58□18 カラー9 マットダークブルー です)



先セルを抜いて腕を短くカットし、
短い腕に改造することが可能です
(画像は、58□18 カラー9 マットダークブルー です)
バローネR
58□18サイズ

カラーナンバー1 マットブラック

金属の持つ光沢感(つや)を消した、暗く沈むダークカラーです。
ただならぬ雰囲気を持ち、顔を小さく見せる効果を強く持ちます。

カラーナンバー7 マットディープレッド

ブラッシング加工を入れた中間的な濃さのブラウンカラー。
に、ツヤあり加工を入れて、徹底した質感へのこだわりを見せます。

カラーナンバー9 マットダークブルー

ブラッシングされ、陰影の付けられた、アンティークタイプのシルバー。
メガネの正統派ともいえる色で、品格と清廉(せいれん)さを持ちます。
バローネR画像の写真撮影のご協力は、マリコ眼鏡店さんです

バローネR 品揃店
大きいメガネ研究会の会員店は、
どこでも Barone R を在庫していますが、
下記の店は2本以上の品揃えがある店です。

(* のついている店は全色在庫です)
北海道


東北

岩手県・スマイルメガネ研究舎
盛岡MOSSビル店


関東甲信越

東京都・マリコ眼鏡店         

神奈川県・メガネの一心堂

山梨県・充之多メガネ

東京都・オプティック・レインボー     


中部東海

-


近畿北陸

大阪府・アイトピア           

京都府・京都メガネ館・本店     


中国


四国

高知県・メガネのハマヤ


九州

-



大きいメガネ研究会のオリジナルフレーム
のページに行く

トップページ
大きいメガネ研究会
に戻る