TOP 大きいメガネ研究会
イリジウス W (Iridius W)


複式跳ね上げ、大きいレンズ型を持つ
イリジウスWとは


大きいメガネの伝統を更新し続ける
大きいメガネ研究会

その大きいメガネ研究会に、
新しいオリジナルフレームが追加。

跳ね上げメガネの大きいメガネ、
半分ふちなしタイプ(ナイロール)の
複式のメガネ、
イリジウスW が登場です。


大きいレンズ型の
複式跳ね上げフレーム
イリジウスW




複式のメガネ、イリジウスWが登場
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)

メーカー参考小売価格
\37400(税込)
\34000(税抜)


単式と複式の2種類を同時にリリースしましたが、
このページでご紹介は複式跳ね上げのほう。

イリジウスS → 単式のほう
イリジウスW → このページにてご紹介

単式跳ね上げとは、
レンズ左右1枚づつによる
レンズを跳ね上げたら
素抜けになる
というメガネフレームのこと。

複式跳ね上げとは、
レンズ左右2枚づつによって作られた、
レンズを跳ね上げたら
左右1枚づつのレンズが残る
というメガネフレームのことです。


大きいレンズサイズを持つ、
このメガネフレームは、
「イリジウスW」というモデル名です。





このページでご紹介は複式跳ね上げのほう
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)


レンズを跳ね上げたら
左右1枚づつのレンズが残る
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)
レンズ面の
「Iridius W」(イリジウスW)
の文字は、

「W」の意味 → ダブル、つまり複式跳ね上げの複式
という意味合いです。

このフレームは、
「複式跳ね上げ」で、最もシンプルな部類の、
「バネなし」「磁石なし」です。


跳ね上げフレームとしては、
頑丈さとスマートの両立を目指し、
「頑丈さ」については、
腕周りのパーツ選びが、
壊れにくさ・修理しやすさにこだわった、
「穴無しリムせん補強型」
となっています。

レンズの両サイドに、
補強のためのブロックパーツを設置。
耐久性のアップを実現しています。




鼻部分には、
フィッティング性能に優れた
Gタイプクリングスを採用。

そして
前レンズと後ろレンズの両方が、
ナイロールタイプ(半分ふちなし)
となっています。

ナイロールタイプの大きな特長としまして、
「必要に応じて、
 レンズを下に伸ばして作り、
 天地幅の広いメガネにできる」

というものがあります。

そのとき活きてくるのがGタイプクリングス。
かつてないほどに上下左右に位置を変え、
伸ばすことができるクリングスパーツと、
この「ナイロールタイプの跳ね上げフレーム」は
好相性となっています。



レンズとレンズの中央の棒、
「ブリッジパーツ」は、
丈夫さを重視したパーツを使用することで、
これまた耐久性能を確保。

二重にそびえるブリッジの
頼りがいあるフォルムです。





レンズの両サイドに、
補強のためのブロックパーツを設置
(画像は、 59□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)


かつてないほどに上下左右に位置を変え、
伸ばすことができるクリングスパーツ

(画像は、 59□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)




二重にそびえるブリッジの
頼りがいあるフォルム
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)



二重にそびえるブリッジの
頼りがいあるフォルム
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)



複式の跳ね上げメガネ、前リムと後ろリムにレンズがあります
(画像は、 59□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)



跳ね上げ手もレンズが残り、度付きレンズで物を見ることができます。
(画像は、 59□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)


横から見たフォルム。しっかりした素材感
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)



先セルも広めの部品を使用し
頼りがいある造りに
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)



二重の跳ね上げイリジウスWを後ろから見た姿
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)



後ろから見た姿で、跳ね上げたところ
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)


サイズは
59□19と、
56□19の
2種類をつくりました。

どちらも大きいメガネのカテゴリになりますが、
59□19は、特に大きいサイズのメガネになります。




大小2つのサイズで
それぞれに2色のカラー。
暗い色と明るい色の2種類から選べます。


大きいほうのサイズ、
59□19 は
大きな顔の人用のサイズ、

小さいほうのサイズ、
56□19 は
そこそこ大きい顔の人用のサイズです。

ハネアゲート イリジウスW
フレームサイズ

59□19
(フレームPD78)



56□19
(フレームPD75)

レンズシェイプは
スッキリとしたナイロールタイプで、
天地幅やや広めにしつつ、
さらに天地幅を広げることができやすい構造
にしてあります。

累進レンズ使用の場合は
もう少し天地幅を広く改造するなど、
臨機応変の対応が可能となっています。

ベースのダミーレンズは、
大きいサイズ(59□19) → 天地幅31mm、
小さいサイズ(56□19) → 天地幅29mm、
です。


大きいサイズ(59□19)、
小さいサイズ(56□19)
ともに2種類の色が。

ガンメタルマット
サンライトブラウンマット、
の2つです。

イリジウス W(59□19)
カラー1 ガンメタルマット
カラー9 サンライトブラウンマット

イリジウス W(56□19)
カラー1 ガンメタルマット
カラー9 サンライトブラウンマット




59□19は、特に大きいサイズのメガネになります
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)



暗い色と明るい色の2種類から選べます
(画像は、 59□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)



小さいほうのサイズ、56□19 は
そこそこ大きい顔の人用のサイズ
(画像は、 56□19 の カラー1 ガンメタルマット です)



レンズシェイプはスッキリとしたナイロールタイプ
(画像は、 56□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)


ハネアゲート(Haneagate)
のブランドネームで誕生した
「イリジウス W」は、

これまでに開発してきた跳ね上げフレームの
ノウハウを応用し、
的確なパーツ選びと
スマートなシェイプをこころがけて
製作しています。

先セルのパーツは、
安定感を重視した広面積のタイプ。



2つのサイズのカラーをご紹介します。

まずは59サイズ(大きいほう)の
カラー1 ガンメタルマット です。
黒よりもほんの少し淡い質感を出した
近くでよく見ると風合いのある、
黒に限りなく近いダークグレー。
「ガンメタル」の名を冠するシックな色です。




近くでよく見ると風合いのある、
黒に限りなく近いダークグレー
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)



「ガンメタル」の名を冠するシックな色
(画像は、 59□19 の カラー1 ガンメタルマット です)

そして59サイズ(大きいほう)の
カラー9 サンライトブラウンマット です。
明るいブラウンをイメージして出したこの色、
跳ね上げフレームのアクティブな印象作りに
貢献してくれることでしょう。



明るいブラウンをイメージして出したこの色
(画像は、 59□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)



跳ね上げフレームのアクティブな印象作りに
貢献してくれることでしょう
(画像は、 59□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)

次ぎに56サイズ(小さいほう)の
カラー1 ガンメタルマット は、
大きいほうのサイズの 59□19 よりは小ぶりながらも、
一般的なメガネと比べるとかなり大きいサイズ。
ガンメタル・グレーブラックの
重厚感との組み合わせで、
落ち着きを与えてくれます。



ガンメタル・グレーブラックの
重厚感との組み合わせ
(画像は、 56□19 の カラー1 ガンメタルマット です)



落ち着きを与えてくれます
(画像は、 56□19 の カラー1 ガンメタルマット です)


最後は56サイズ(小さいほう)の
カラー9 サンライトブラウンマット は、
黒に近い色が苦手な人に
うまくフィットする感性を持っています。

人間の肌の色に近い、
血色を良く見せてくれる色です。




黒に近い色が苦手な人に
うまくフィットする感性を持っています
(画像は、 56□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)



人間の肌の色に近い、
血色を良く見せてくれる色です
(画像は、 56□19 の カラー9 サンライトブラウンマット です)
イリジウス W 各カラー紹介
サイズ59 (大きいほう) 59□19
↑ カラー1 ガンメタルマット
↑ カラー9 サンライトブラウンマット

サイズ56 (小さいほう) 56□19
↑ カラー1 ガンメタルマット
↑ カラー9 サンライトブラウンマット
今回の写真協力は 静岡県 メガネのオガワさんです
Iridius W 品揃店
イリジウス W はどの会員店にも置いておりますが、
のついている店は各サイズ全色を在庫しております。
北海道


東北

-


関東甲信越

-


中部東海

-


近畿北陸

大阪府・アイトピア           

京都府・京都メガネ館・本店       


中国


四国

-


九州

-


大きいメガネ研究会のオリジナルフレーム
のページに行く

トップページ
大きいメガネ研究会
に戻る