TOP 大きいメガネ研究会
メルカータ


高級セルフレームで、やや大きめサイズ
メルカータが登場

大きいメガネ研究会のオリジナルの
「やや大きめ」サイズのフレームでは、
特にハイセンスの視点で製作したものです。

流麗な曲線美、
機能的で合理的なフォルム、
丈夫な丁番パーツを採用した、
レトロ・フューチャーな雰囲気が
持ち味のモデルです。


メルカータが
入荷!


サイズ設定は、
55□18 で、
レンズの縦寸が34mmありますので、
累進レンズも悠々と使えます。


メルカータ サイズ
55□18
(レンズ天地幅34mm)
フロント部総横幅
144ミリ


メーカー参考小売価格 ¥27000+消費税



レンズ形状は、オーソドクスな
「トンネル型」と言うべき形状。

上、右上、左上、右下、左下。の5方向に、
丸みを帯びた「伸び」を持つ図形。






よくある形ではありますが、


上方向の丸みをどのくらいの大きさにするか、

右上と左上の角度をどのくらい上にするか、

右下と左下の横幅をどのくらいの広さに取るか、

となどなどによって、バランスの変わってくる、


シンプルながら奥深い
玉形形状(たまがたけいじょう)です。




サイズ設定は、
55□18

(画像のカラーは、 VS2221 グレージオメトリック です)



レンズの縦寸が34mmありますので、
累進レンズも悠々と使えます

(画像のカラーは、 VS2221 グレージオメトリック です)



シンプルながら奥深い
玉形形状(たまがたけいじょう)です

(画像のカラーは、 VS2221 グレージオメトリック です)



大きいメガネ研究会』 
からのオリジナル企画
という形で生産、



フロントの
「レンズとレンズの間の中央の棒」のことを
ブリッジと呼びますが、
このブリッジ部分に「フラット構造」を
今回のメルカータは採用しています。


ヨーロッパ系のレトロ・フューチャーな雰囲気を
生み出しています。







両サイドの部分を「智(ち)」といいますが、
この智の部分、
このメルカータは幅を若干、狭めにして
コンパクト化を図っています。


その分、両腕(テンプル)の開き角度は、
開き気味に作っていますので、
店頭にてフィッティングで、
丸みを帯びた曲げを加えての
かけこなしをおすすめしています。





テンプルの構造は、
最近新たにデザイン開発し導入した
「段差付きアンティークテンプル」
を採用。


2種類の段差が、
上下へのフィッティング調整での「曲げ加工」を
スムーズに可能としてくれます。


見た感じの雰囲気も秀逸(しゅういつ)。
レトロ・フューチャーの粋(すい)を集めた
今回のモデルのフレームデザインに
ふさわしいフォルムです。




このブリッジ部分に「フラット構造」を
今回のメルカータは採用しています

(画像のカラーは、 M59-551 ブラック です)



ヨーロッパ系のレトロ・フューチャーな雰囲気を
生み出しています
(画像のカラーは、 M59-551 ブラック です)




その分、両腕(テンプル)の開き角度は、
開き気味に作っています
(画像のカラーは、 NDX702 ダークブラウンデミ です)



レトロ・フューチャーの粋(すい)を集めた
今回のモデルのフレームデザインにふさわしいフォルム
(画像のカラーは、 NDX702 ダークブラウンデミ です)


鼻パッドの大きさ・位置も
工夫しています。


フロントの「顔へのかかり位置」を
綺麗な位置にできるように、
日本人の鼻の形状を意識した
ノーズパッドの付け位置を選定。




鼻パッドそのものも、
「熱をかけて曲げを加えたえたフィッティング調整」
がしやすいように、
下半分に切れ目(スリット)の入った
機能性重視の鼻パッドを使用。




見た目も自然に、
うまく鼻に乗り「ジャストな位置でかけられる」
バランスとなっています。


やや大径の、安定感のある
パッドの型番を選んでいます。


これは同じく、安定感ある大きさの
メガネフレーム本体のボリューム感があってのこと。


バランスの取れたイメージを形作ります。




下半分に切れ目(スリット)の入った
機能性重視の鼻パッドを使用
(画像のカラーは、 TN-0274T ブルーグラデーション です)



やや大径の、安定感のある
パッドの型番を選んでいます
(画像のカラーは、 TJ4917VT ダークグレー横流れ です)



5色のカラー


それぞれ個性的なカラーが
5色ラインナップです。


VS2111 は グレージオメトリック、
グレー系統でアレンジを加えた個性的カラー。

M59-551 は ブラック、
シンプルで基本的な黒です。

NDX702 は ダークブラウンデミ、
濃い茶色に、薄い茶のマダラ模様です。

TN-0274T は ブルーグラデーション、
上下で濃淡のあるグラデーションカラーです。

TJ4917VT は ダークグレー横流れ、
濃いグレーの笹柄系の横への流れ模様。


色構成
グレージオメトリック VS2111
ブラック M59-551
ダークブラウンデミ NDX702
ブルーグラデーション TN-0274T
ダークグレー横流れ TJ4917VT





5種類製作したカラーのうち、

上からご紹介してゆきます。




(画像のカラーは、 VS2221 グレージオメトリック です)



(画像のカラーは、 M59-551 ブラック です)




(画像のカラーは、 NDX702 ダークブラウンデミ です)



(画像のカラーは、 TN-0274T ブルーグラデーション です)




(画像のカラーは、 TJ4917VT ダークグレー横流れ です)




まずは、
『グレージオメトリック』( VS2221 )。


一見するとただのダークグレーですが、
よく見てみると、
なんともいえない不可思議なラインが魅力です。



縦横無尽に張り巡らされたダークグレーのライン。


横に平行線が多く入り、
続いて斜めにラインが一面に張り巡らされた、
幾何学的(ジオメトリック)な紋様です。




今回のメルカータの
フューチャー(未来的)のイメージの部分を
もっともよく反映した、代表的なカラーです。



普通に黒のカラーのメガネをかけるよりは
少しボリュームダウンした、
懐(ふところ)の深さを感じさせるダークカラー。


軽快な雰囲気を引き出し、
重すぎないメガネのかけこなしを
実現してくれます。



腕(テンプル)を見ても、
まっすぐに伸びた直線的な腕のラインに、
直線ラインの目立つ
グレージオメトリックが
調和しています。





よく見てみると、
なんともいえない不可思議なラインが魅力

(画像のカラーは、 VS2221 グレージオメトリック です)



幾何学的(ジオメトリック)な紋様
(画像のカラーは、 VS2221 グレージオメトリック です)



まっすぐに伸びた直線的な腕のラインに、
直線ラインの目立つグレージオメトリック

(画像のカラーは、 VS2221 グレージオメトリック です)



ブラック(M59-551)は
定番の黒となっています。

およそほとんどのセルフレームは、
この色がベースです。




まずこの色を基本に据えて、
ボリューム感、重厚感、高級感などイメージするところから、
セルフレームのデザインはスタートすることでしょう。


近づいてみても、
安定の漆黒の、目の詰まった質感がよくわかります。
福井県鯖江市の
工場の蔵で寝かせた高級素材、
「乾燥アセテート」を使用。




クラシカル…伝統的な雰囲気となりやすい、
この「黒」ですが、
フロントをフラット(平面)にしたことによって、
適度な未来的イメージを手に入れることに成功。

古さよりも、新しさを色濃く感じる、
カラーリングとなっています。





およそほとんどのセルフレームは、
この色がベースです
(画像のカラーは、 M59-551 ブラック です)



まずこの色を基本に据えて、
ボリューム感、重厚感、高級感などイメージ
(画像のカラーは、 M59-551 ブラック です)



近づいてみても、
安定の漆黒の、目の詰まった質感がよくわかります
(画像のカラーは、 M59-551 ブラック です)



フロントをフラット(平面)にしたことによって、
適度な未来的イメージを手に入れることに成功
(画像のカラーは、 M59-551 ブラック です)



そしてダークブラウンデミ(NDX702)。

濃い茶色をベースとして、
ところどころに濃淡のある暗い茶色。

レトロ・フューチャーの思想を体現する色合いです。




茶色が淡すぎると、
色に「抜け」ができてしまうため
クセの強すぎる色合いとなってしまい、

茶色が濃すぎると、
それこそほとんど黒になってしまいますが・・・・・・




このダークブラウンデミは、
アンティーク・クラシックなセルフレーム
で使うものよりも、
少し濃淡の「広さ・散り具合」を抑えてあります。

これは、若い人向けの
シックな雰囲気のセルフレームで使うように
というメッセージに違いないでしょう。

イタリア・マツケリー社という
セルフレームの生地を生産する会社は、
コンセプトに応じて素材を生産するといいます。

これまでのものより若い人向けに作られた
セルフレーム生地素材は、
やはり若い人に対応する
レトロ・フューチャーなデザインの
セルフレームに適しています。





濃い茶色をベースとして、
ところどころに濃淡のある暗い茶色
(画像のカラーは、 NDX702 ダークブラウンデミ です)



少し濃淡の「広さ・散り具合」を抑えてあります
(画像のカラーは、 NDX702 ダークブラウンデミ です)



若い人向けの
シックな雰囲気のセルフレーム
(画像のカラーは、 NDX702 ダークブラウンデミ です)



これまでのものより若い人向けに作られた
セルフレーム生地素材
(画像のカラーは、 NDX702 ダークブラウンデミ です)



若い人に対応する
レトロ・フューチャーなデザイン
(画像のカラーは、 NDX702 ダークブラウンデミ です)



ブルーグラデーション(TN-0274T)も
フューチャーな雰囲気です。

上にいけばいくほどダークネイビー、
下にいけばいくほどターコイズブルーの、
明るくさわやかな色合い。

柔らかでおしゃれなイメージです。




若々しさの点では、
このメルカータのカラーの中でも一番の
先鋭性を持っています。


わずかに透ける素材のため、
机に置くと、わずかに裏側が見えますが、
顔にかけると、ほとんどそういう要素は
感じられなくなります。

ですが、クリア素材は独特な
軽快感を持つ素材の風合い、
透けない素材に比べて、
重厚感よりもスマートさ、
若さ、ナチュラル感を
強く感じさせてくれます。




腕は、フロント上部とほぼ同じ質感の
ダークネイビーをチョイス。
素直な一体感を持って
その場に存在を主張します。





上にいけばいくほどダークネイビー、
下にいけばいくほどターコイズブルー
(画像のカラーは、 TN-0274T ブルーグラデーション です)



柔らかでおしゃれなイメージ
(画像のカラーは、 TN-0274T ブルーグラデーション です)



わずかに透ける素材
(画像のカラーは、 TN-0274T ブルーグラデーション です)



クリア素材は独特な
軽快感を持つ素材の風合い
(画像のカラーは、 TN-0274T ブルーグラデーション です)



腕は、フロント上部とほぼ同じ質感の
ダークネイビーをチョイス
(画像のカラーは、 TN-0274T ブルーグラデーション です)



さらには、
ダークグレー横流れ(TJ4917VT)という色も。

よく見れば、
ダークグレークリアの地に
濃いグレーやシルバーの大ぶりな笹柄(ささがら)を
横流れに流してある色使い。

フロント表側は鈍いグレーで、
裏側は明るいシルバーが目立っています。



テンプル(腕)には、
フロントとは違った色素材を活用。
パッと見ると、まったく同じ色のものに見えますが、
微妙に違うものを選んで、こだわりを発揮。

腕は完全な「笹柄(ささがら)」です。
ダークグレーの地に、
シルバーの紋様… 植物を思わせる、
不規則的な模様を走らせたもの。

写真ではシンプルに見えている、
この「グレー笹柄」ですが、
よく近づいてみると、
かなりのコントラストを持つ、
艶(あで)やかな外観です。





よく見れば、
ダークグレークリアの地に・・・
(画像のカラーは、 TJ4917VT ダークグレー横流れ です)



濃いグレーやシルバーの大ぶりな笹柄(ささがら)を
横流れに流してある色使い
(画像のカラーは、 TJ4917VT ダークグレー横流れ です)



フロント表側は鈍いグレーで、
裏側は明るいシルバーが目立っています
(画像のカラーは、 TJ4917VT ダークグレー横流れ です)



パッと見ると、まったく同じ色のものに見えますが、
微妙に違うものを選んで、こだわりを発揮
(画像のカラーは、 TJ4917VT ダークグレー横流れ です)



腕は完全な「笹柄(ささがら)」です
(画像のカラーは、 TJ4917VT ダークグレー横流れ です)
メルカータ・色一覧

グレージオメトリック VS2111


ブラック M59-551


ダークブラウンデミ NDX702

ブルーグラデーョン TN-0274T

ダークグレー横流れ TJ4917VT
今回の写真撮影は、マリコメガネさんのご協力です
Mercata品揃店
大きいメガネ研究会の会員店は、
どこでもメルカータを在庫していますが、
下記の店は2本以上の品揃えがある店です。
(* のついている店は全色在庫です)
北海道


東北

-


関東甲信越

東京都・マリコ眼鏡店

神奈川県・メガネの一心堂

山梨県・充之多メガネ

東京都・オプティック・レインボー


中部東海

静岡県・メガネのオガワ


近畿北陸

大阪府・アイトピア         

京都府・京都メガネ館・本店    


兵庫県・メガネのアマガン センター店


中国


四国

高知県・メガネのハマヤ


九州

-


大きいメガネ研究会のオリジナルフレーム
のページに行く

トップページ
大きいメガネ研究会
に戻る