メガネ・フィッティング調整研究会

メガネ・フィッティングの奥深き世界とは

適切なフィッティングとは?


適切なフィッティングとは何か?

適切なフィッティングというのは、 どういうものでしょうか。

それは、
(1)掛けごこちがよく、
(2)レンズの光学性能をうまく生かす状態でなされる調整

を言います。

(1)掛け心地

これについては、主として下記のようなことが要求されます。
・パッドが鼻の両方の側面に当たる位置が適切であり、左右の圧力がほぼ等しいこと。
・腕がこめかみ付近を圧迫していないこと。
・腕の屈折点の位置が適切なところに来ていること。
・腕の屈折点から先が、耳のうしろにうまく当たっていること。

(2)光学的側面

正面から見て、

右下がりまたは左下がりになっていれば、上下プリズム誤差が生じて眼精疲労の原因になることがあります。累進レンズの場合には見え方がヘンになることもあります。

正面から見て、

全体にレンズが上がりすぎたり下がりすぎたりしていると、フレーム視野の不具合や、度数によっては見え方で違和感を感じることもあります。

上から見て、

左右の頂間距離(角膜頂点間距離ともいう。眼球の最前部とレンズとの奥行き間隔のこと)が、少なからず違うと見え方に違和感を覚える場合があります。

上から見て、

左右のレンズが互いに外に大きくそっていると、見え方に違和感を覚える場合があります。

横から見て、

頂間距離が長すぎたり短すぎたりすると、見え方に違和感が出ることがありますし、度数が強い場合には矯正効果が変わったりします。

横から見て、

レンズの傾斜角が強すぎたり弱すぎたりしますと、見え方に違和感が出ることがあります。

よくある質問

会員店募集



トピックス

鼻にパッドの跡が残らない
浮きメガネができました。
浮きメガネ研究会

トピックス

本会の代表者が
全国の眼鏡技術者向けの
技術教本を発刊しました
岡本隆博著
『眼鏡処方の実際手法』

↑ PAGE TOP