メガネ・フィッティング調整研究会

メガネ・フィッティングの奥深き世界とは

フィッティングのタイミング

メガネのフィッティングをどういうタイミングでするのが良いのでしょうか。

国内外を含めて、多いのは、
フレームにレンズを入れたあとでメガネをお渡しのときにフィッティングをする……
というお店。

そういうお店が多いようですが、実はそれは感心できない方法です。

その理由としては、下記のことが挙げられます。

(1)
フィッティングによって、良い状態でかけられることを確認しないで、そのメガネにレンズを入れることはおかしいわけです。
メガネを受注するときに、フィッティングをすべきです。
フィッティング をするうちに、そのフレームはその人には適しないとわかって、ほかのフレームに替えてもらうこともあります。

(2)
レンズ加工をするには、フロント部の玉型のどこの位置に瞳孔位置が来るのかを、きちんと把握しないといけないのですが、それは的確にフィッティングがなされた状態で決められることです。

(3)
フィッティングの結果はお客様のそのメガネのカルテに記録するのですが、メガネ受注時にフィッティングをしたら、そのフィッティングデータの測定や記録は落ち着いてできるのですが、メガネお渡しの時点であれば、 その測定や記録はゆっくりとはしにくいわけです。

(4)
たまにあることですが、メガネを受け取りに来るのが本人ではなく代理の人であったりとか、あるいは、電話がかかってきて「近いうちには受け取りにいけないので、宅配便で送ってほしい」と言われたりすることもありますが、 そういう場合でも既にフィッティングがしてあればあわてることがないわけです。


ざっと以上のようなことで、メガネというものはレンズの枠入れ加工をする前に十分にフィッティングをしておくべきものなのです。

そして、メガネにレンズを入れる前になされたフィッティングの結果は、数値データで残し、レンズの枠入れ加工を経たあとで、そのフィッティング状態が変化していないかどうかをチェックしまして、変わっていれば修正します。

そして、メガネをお渡しするときにも念のためにフィッティング状態を確認して、そこでまた修正すべき箇所があれば修正します。

ところが、実情では、世間のメガネ屋さんのほとんどは、メガネお渡しの時点で初めてフィッティングをするのです。
そしてフィッティングデータの記録もとっていません。

そういうくせがついてしまっているものですから、フレームのみを販売するときには、ノンフィッティングの状態でメガネフレームを手渡すわけです。

※他店で買われた新品の枠を自店にレンズ入れに持ち込まれたもので、フィッティングしてあったものを見たことが私は一度もありません。
国内での購入のものでも、海外での購入のものでも……。
この研究会の会員も、みなそう言っています。

そのメガネ屋さんにしてみれば、フレームだけ買う人のメガネにフィッティングするのは手間だけ損で、自分にとって何のメリットもないということでしょう。

「このメガネのフィッティングは、レンズを入れてもらうところでやってもらったらいい」くらいに思っているのではないでしょうか。

あなたがもし、あるメガネ店でフレームだけを買うのであれば、そのときにフィッティングを要求するのがいいです。

それと要望されて、もし「いやあ、レンズ入れをしたらまた形が変わることもありますからね……
フィッティングはレンズを入れてくれる店でやってもらえばいいのですよ」などと言われたら、次のように言えばよいと思います。

「では、レンズを入れてくれる店でフィッティングしてもらっても、かけ心地がヘンだったら、私はどうすればいいのですか? それと、レンズの加工料金はレンズの代金に含まれ、フィッティングの料金はフレームの代金に含まれているのですよね。もしもこのメガネフレームをフィッティングをせずに販売されるのでしたら、 ここのフレームの代金からフィッティング料を引いてください。」

世間のメガネ屋さんがフレームのみを販売するときにフィッティングをしないということにより、国内外を問わず、世の中のほとんどのメガネ屋さんのメガネに対する認識見識がいかに不足しているか、あるいは技術商人としての良心を持ちあわせているのかどうか、ということがよくわかります。

逆に言えば、メガネを注文するときにフィッティングをしてくれるメガネ屋さんは、

『まじめな人で、メガネの調製や調整がどういうものであるかということも理解しており、おそらく技術レベルもまあナミ以上の人である』

と推測できるわけです。

もちろんですが、この研究会の会員は、メガネのご注文をいただく時点できちんとフィッティングをさせていただきます。

よくある質問

会員店募集



トピックス

鼻にパッドの跡が残らない
浮きメガネができました。
浮きメガネ研究会

トピックス

本会の代表者が
全国の眼鏡技術者向けの
技術教本を発刊しました
岡本隆博著
『眼鏡処方の実際手法』

↑ PAGE TOP