メガネ・フィッティング調整研究会

メガネ・フィッティングの奥深き世界とは

フィッティングの上手な人(店)の選び方


誰でも、良いフィッティング状態のメガネをかけたいものです。

そのためには、上手なフィッターにフィッティングをしてもらわないといけませんが、それを見分けるのはなかなか難しいです。

公益社団法人日本眼鏡技術者協会が認定した眼鏡士なら大丈夫か……
というと、それは一概には言えません。

まあ、眼鏡士ではない人にフィッティングしてもらうよりも、OKとなる率はやや高いかなとは思いますが、眼鏡士のなかでもフィッティングの能力はピンキリで、ピンの人も少ないのが実情ですし、眼鏡士ではない人でも、 たまに上手な人もいます。

それで、一つ良い方法があります。

メガネ店の人に下記の質問をすれば、その人のフィッティングに関する見識がわかりますし、もし、この質問に対して「合格」の答えが返ってきたら、その人はフィッティングの実技も並み以上の腕前を持っていると 推察してもよいのではないかと思います。

1)貴店では、主要なフィッティングは、レンズ入れ加工の前になさいますか。あとになさいますか?
前にします、という答えが返ればいいですが、そうでなければ「ダメ」です。
メガネを買うときには、レンズ入れの前に、フィッティングをしてもらって、掛け心地が満足できるようになったことを確認してから、 代金を支払わないと、もし、レンズが入ってから、あとでフィッティングをして、どうにも掛け心地が悪い、となった場合には、誰が責任をとってくれるのでしょうか?
その他にも、レンズ入れ加工前のフィッティングには、レンズの心取り位置の確定など、光学的にも必要な要素がいろいろあるのです。

2)貴店では、他店でレンズを入れるということで枠だけ買う場合に、フィッティングをされますか?
理由はどうであれ、「しません」ということなら、失格です。
レンズ入れ加工をしたら形が変わる場合があるので、レンズ入れをしてからフィッティングするのがよい、などとアホなことを言うようだと、失格です。
しかし、実際のところ、枠だけの販売で、ちゃんとフィッティングをする例は、非常に少ないのです。
なぜか……。そんなことをしても面倒なだけで一銭の得にもならないからです。
あるいは、本気で、レンズを入れてからフィッティングをするのがよいと、勘違いをしているかの、どちらかです。
もしも、フィッティングされていない枠だけをある店で買って、別の店でレンズを入れてもらってからフィッティングをして、どうにも掛け心地が悪くてしかたがない、ということになったら、誰の責任なのでしょうか?

3)フィッティングにおいて、耳より前は腕で押さえる方がずり落ちにくくてよいのでしょうか?
もちろん、正解は「ノー」ですが、イエスと答えたら失格です。
コメカミ部を腕で押さえると、掛け心地が悪くなり、しかも、メガネを前に押し出す力が働いてしまって、きついのにずれ易いメガネになってしまうのです。
もみあげのところも、触れるくらいならかまいませんが、強く押さえるのは好ましくありません。
そういう基本的なことさえ知らないメガネ屋が、意外に多いのです。

4)あなたがフィッティングをする場合、腕先の屈折点から先の部分を上から見て直線のままで残す場合と、そらしを付ける場合とではどちらが多いですか?
直線のまま残す方が多いという答えが来た場合、あるいは、質問の意味を理解できない場合には、失格です。
実際のところ、このそらしをうまく付けてあるメガネは、自店で調整したもの以外では、めったに見かけません。
このそらしを付ける、まともなフィッターは全体の1割もいないと思います。

なお、眼鏡士のいる店は、下記をご参照ください。
https://megane-joa.or.jp/roster/

よくある質問

会員店募集



トピックス

鼻にパッドの跡が残らない
浮きメガネができました。
浮きメガネ研究会

トピックス

本会の代表者が
全国の眼鏡技術者向けの
技術教本を発刊しました
岡本隆博著
『眼鏡処方の実際手法』

↑ PAGE TOP