遠近両用対応のナイロールの
ウスカルフレーム、
「モルトレジオ」とは



強度近視のウスカルメガネは、
強度近視の厚いレンズを
薄く軽くするメガネフレーム。


そんなウスカルフレームから、
「下半分ふちなし」の
ナイロールタイプのレンズを持ち、
遠近両用など累進レンズにも適性を持つモデル、
「モルトレジオ」という
ウスカルフレームが登場です。


ナイロールタイプの
レンズを持つモルトレジオ


モデル名は
モルトレジオ(Moltrejio)
です。

大きいほうと小さいほうの
2つのサイズをご用意。
小さいほう 44□24 と、
大きいほう 44□28 です。


それぞれ
44□24は3色、44□28も3色のカラー用意。

ナイロ-ルタイプのウスカルメガネフレームとして、
軽量化に力を入れた
スポーティーなフォルムで、
かつての「コラッジオ」や「コラフープ」などの
ウスカルフレームシリーズに連なるモデルです。

さらに「遠近両用などの累進レンズ」にも対処できる、
レンズ上下幅30mmを誇るモデルでもあります。


メーカー参考小売価格
\27500(税込)
\25000(税抜)




大小2つのサイズをご用意
(画像は 44□24 カラー1 ブラックマット)



「遠近両用などの累進レンズ」にも対処できる、
レンズ上下幅30mmを誇るモデル
(画像は 44□24 カラー1 ブラックマット)


「スポーティー」という、
今回のデザインコンセプトの目標をクリアするための
「スリット付きテンプルパーツ」は
細く繊細な隙間(スリット)を持っており、
テンプルパ-ツそのものの細さとも相まって、
弾力性に富んだシャープな構造。


ですが、
フレームにかかるテンション(衝撃)を
巧みに受け流す部品の組み合わせになっていて、
しかもフィッティング性能にも優れた、
当方のオリジナル規格品らしい独自の
バランスを持つ王道の機能性フレーム。


カラーリングをクラシックタイプに絞り、
若さよりも洗練された落ち着きを重視し、
総合的に大人っぽさを重視した高級感を実現。


テンプル(腕)の先の
「先セル」や「モダン」と呼ばれる部位には、
「ラバロン素材」なる新素材を使用し、
樹脂の独特な質感によって
色の変化をつけています。




今回のような、レンズの上下幅の長い構造を
実現させるために役だったのが、
上下に長いブリッジダウン型の
「クリングスパーツ」です。


ブリッジ(メガネ中央の棒状のパーツ)から下がる、
通常よりも長い規格の、細く弾力性に恵まれた
高性能なクリングスパーツを採用できたことにより、
はじめて実現した形状バランスとなっています。


レンズ型は、オーソドックスな
「初期ウスカルメガネ」を踏襲した形状。

このコンセプトのレンズ型でありながら、
上下幅をできるだけ長くし、

しかも
不自然のない鼻パッド位置の配置
を成功させたという、
念願の累進レンズ・コンセプトの実現
の成果となっています。




フレームにかかるテンション(衝撃)を
巧みに受け流す部品の組み合わせ

(画像は 44□24 カラー1 ブラックマット)


「先セル」や「モダン」と呼ばれる部位には、
「ラバロン素材」なる新素材を使用

(画像は 44□24 カラー1 ブラックマット)


不自然のない鼻パッド位置の配置
を成功

(画像は 44□24 カラー1 ブラックマット)


44□24 も 44□28 も、
共通する色ラインナップでの登場です。

カラー1 ブラックマット は、
シンプルな黒の良さを存分に引き出し、

カラー7 ツヤありアンティークシルバー は、
もっとも軽快な雰囲気を醸(かも)しだし、

カラー9 ツヤありアンティークブラウン は、
中間的な質感のバランス感覚を持ちます。

カラー3はレンズまわりの「リム」に、
転写という技法を用いており、
ツヤなしの全面茶色マダラ模様となっています。




44□24 と 44□28 、
レンズサイズは
どちらもまったく同じにしています。

レンズ横幅は44mmで、
レンズ天地幅は約30mmです。

下半分のふちがないという
ナイロールタイプのフレームですので、
プラスチックレンズのみが使用でき、
ガラスレンズは使うことができません。

全体的に「軽さ」を優先して
設計していますので、
スポーティーなイメージとして
仕上がっています。


素材はコバルト合金。
細く伸ばしても粘り強く、
同じ細さであればチタンをも
越える耐久性を持つ、
期待の高性能素材です。




(画像は 44□24 カラー1 ブラックマット)




(画像は 44□24 カラー7 ツヤありアンティークシルバー)




(画像は 44□24 カラー9 ツヤありアンティークブラウン)


2つのフレームサイズとは、
44□24 は FPD68 ですので、
日本人の中のやや大きめサイズとなり、
44□28 は FPD72 ですので、
日本人の中の大きいサイズとなります。



それぞれ、

44□24 → 日本人のやや大きめのPDサイズに対応
目の中心と目の中心の間の幅(PD)が
44□24 は 64~68ミリの人向け、

44□28 → 日本人の大きめPDサイズに対応
目の中心と目の中心の間の幅(PD)が
44□24 は 68~72ミリの人向けです

      * PD:瞳孔間距離


フレームサイズ

44□24
(フレームPD68)



44□28
(フレームPD72)


モルトレジオ カラーデータ
モルトレジオ  44□24
・カラー1 ブラックマット
・カラー7 ツヤありアンティークシルバー
・カラー9 ツヤありアンティークブラウン
モルトレジオ  44□28
・カラー1 ブラックマット
・カラー7 ツヤありアンティークシルバー
・カラー9 ツヤありアンティークブラウン








上の3つが小さいサイズ。

下の3つが大きいサイズです。










小さいほうのサイズは


まずは小さいほうのサイズ、
44□24 のほうを
ご説明いたします。


色の1つめは、
カラー1 ブラックマット です。

細身のナイロールフレームである
このモルトレジオで、
シンプルな黒マットは
もっとも大人っぽい雰囲気を持つ色となります。

今回、初採用となる
スリット(細い穴)付きのテンプルパーツの使用で、
重厚感よりも軽快感を重視した、
機能性を重視した構造になっています。




シンプルな黒マットは
もっとも大人っぽい雰囲気を持つ色
(画像は 44□24 カラー1 ブラックマット)



重厚感よりも軽快感を重視した、
機能性を重視した構造

(画像は 44□24 カラー1 ブラックマット)


44□24 の2つめのカラーは、
カラー7 ツヤありアンティークシルバー です。

アンティークシルバーは
渋い柔らかな懐古調の色ですが、
ツヤありにすることで、
現代的な風味を引き出させています。

近代的イメ-ジにして
スポーティー・シックなこのモルトレジオには
抜群の相性を持つカラーです。

ブラッシング加工が施されており、
暖かくほのかなシルバーとなっています。

後ろから見れば、このモルトレジオ、
やや「テンプル(腕)の長さが長く作ってある」
ことに気付くと思います。

ラバロン素材の先セルは、
一度抜いて、テンプルの芯を切り詰め、
短く変更することが
できやすいという
特徴を持ちます。

耳が後ろに付いている人には長めのテンプル、
耳が前に付いている灯とには短めのテンプルに、
さらに
耳が上に付いている人には
上曲りにテンプル根元を曲げ、
耳が下に付いている人には
下曲りにテンプル根元を曲げる…

といった、フレキシブルなフィッティング調整が
特にやりやすい設計で作ってあります。




ツヤありにすることで、
現代的な風味を引き出させています
(画像は 44□24 カラー7 ツヤありアンティークシルバー)



スポーティー・シックなこのモルトレジオには
抜群の相性を持つカラー
(画像は 44□24 カラー7 ツヤありアンティークシルバー)



後ろから見れば、このモルトレジオ、
やや「テンプル(腕)の長さが長く作ってある」
(画像は 44□24 カラー7 ツヤありアンティークシルバー)


44□24 の3つめのカラーは、
カラー9 ツヤありアンティークブラウン です。


アンティークブラウン系でも、
ツヤありで、やや濃い目のトーンの
ムードある茶色系カラー。
柔らかなヘアラインの見える、
落ち着いたカラーです。


鼻パッドのクリングスパーツを、
設計時に、
長いものに選択可能となりましたので、
上下幅の広めのウスカルフレームでも、
無理なく製品化することが
できるようになっています。

まさに、クリングスパーツありきの
サイズバランスの実現といってよいでしょう。

後ろから見ても、
全体的に細身のパーツで構成した
しなやかなコバルト合金の特性を活かした
シルエット・ライン。

長めのテンプルサイズとも合わせて、
スマートさの印象化に
一役かっています。




ツヤありで、やや濃い目のトーンの
ムードある茶色系カラー
(画像は 44□24 カラー9 ツヤありアンティークブラウン)



柔らかなヘアラインの見える、
落ち着いたカラー
(画像は 44□24 カラー9 ツヤありアンティークブラウン)



まさに、クリングスパーツありきの
サイズバランスの実現
(画像は 44□24 カラー9 ツヤありアンティークブラウン)


大きいほうのサイズは


44□28 の、大きいほうのサイズですが、
カラーラインナップは
小さいほうと同じで
カラー1 は ブラックマット です。


違うところは、
ブリッジ(中央の棒状のパーツ)が長いことで、
レンズは同じサイジングを使用しつつ、
ブリッジパーツのみ伸ばしてあります。


目と目の間の幅の広い人に好適な、
このモルトレジオ・ラージのサイズ。
特に遠近両用のプラスチックレンズで
度数の強めのものを入れるときに、
アドバンテージを発揮します。

色は黒を選択すれば、
くっきりとした存在感が
顔の中央に入ることになり、
メリハリのあるフェイスラインを
作ることができます。




レンズは同じサイジングを使用しつつ、
ブリッジパーツのみ伸ばしてあります
(画像は 44□28 カラー1 ブラックマット)



目と目の間の幅の広い人に好適な、
このモルトレジオ・ラージのサイズ
(画像は 44□28 カラー1 ブラックマット)



くっきりとした存在感が
顔の中央に入る
(画像は 44□28 カラー1 ブラックマット)

44□28 の、
カラー7 は ツヤありアンティークシルバー です。

ツヤありのシルバーは、
ツヤなしのシルバーに比べて、
アンティークカラーであれば
現代的な雰囲気を、よく強く感じることができます。

大きめの顔にもうまくかけこなせる、
腕のフレキシブルな弾力性と、
外側に曲げを入れやすい
フィッティング性能の高さが特長です。

上下幅の広めの
ナイロール構造が
ひときわ大人っぽさを引き立たせます。




現代的な雰囲気を、よく強く感じることができます
(画像は 44□28 カラー7 ツヤありアンティークシルバー)



大きめの顔にもうまくかけこなせる
(画像は 44□28 カラー7 ツヤありアンティークシルバー)



上下幅の広めの
ナイロール構造
(画像は 44□28 カラー7 ツヤありアンティークシルバー)

44□28 の、
カラー9 は ツヤありアンティークブラウン です。

ツヤありのブラウンは、
やはり現代的イメージを強く持ちます。
細身のフレームに乗せることでこの色は、
シャープな趣(おもむき)を感じさせます。

レンズ上下幅は、
見本のベースよりも細く作ることもでき、
現状よりさらに深く作る事もできます。

そういう場合は、鼻パッドは
上長型にしたり、下長型にしたりで
かかり上下位置の調節が可能です。

レンズ型は
以前にリリースしたオリジナルフレームの
「コラッジオ」が、
上下幅狭めのレンズ型として
互換で自由に使うことができるようにしています。

つまり上半分の枠(わく)…
リムと呼ばれる部分の形状が、
コラッジオとモルトレジオではまったく同じです。

さらに、以前のオリジナル、
コラフープ44 のレンズ型とも、
ルムの形状がまったく共通となっています。




細身のフレームに乗せることでこの色は、
シャープな趣(おもむき)を感じさせます
(画像は 44□28 カラー9 ツヤありアンティークブラウン)



レンズ上下幅は、
見本のベースよりも細く作ることもでき、
現状よりさらに深く作る事もできます
(画像は 44□28 カラー9 ツヤありアンティークブラウン)



鼻パッドは
上長型にしたり、下長型にしたりで
かかり上下位置の調節が可能です
(画像は 44□28 カラー9 ツヤありアンティークブラウン)
モルトレジオ
各サイズの各カラー紹介
モルトレジオ  44□24サイズ (小さいほうのサイズ)
↑ カラー1
ブラックマット

↑ カラー7
ツヤありアンティークシルバー

↑ カラー9
ツヤありアンティークブラウン
44□28サイズも製作しています
モルトレジオ  44□28サイズ (大きいほうのサイズ)
↑ カラー1
ブラックマット
↑ カラー7
ツヤありアンティークシルバー
↑ カラー9
ツヤありアンティークブラウン
写真撮影者 : 今回の画像の提供は、マリコ眼鏡店さんです
Moltregio 品揃店
モルトレジオ
会員店ならどの店でも在庫していますが、
特に下記の店では、
各サイズ2色以上の品揃えをしています。
 のマークのついているお店は、各サイズ全色在庫です。)

北海道

-


東北


福島県 石津屋時計店

山形県 メガネのオオツカ


関東甲信越


東京都 マリコ眼鏡店        

東京都 オプティック・レインボー

千葉県 optic DAIWADO

神奈川県 メガネのなかむら・中山店


中部東海

-


近畿北陸

大阪府 アイトピア       

京都府 京都メガネ館・本店       


中国


-


四国


-


九州


-

 
ウスカル会のオリジナルフレーム
のページに戻る