安定性の高いスクエアタイプ
ウスカルチタンフレーム、
キグ・センサーとは



強度近視のレンズが
薄く軽くなる……
それがウスカルメガネフレーム。


そういった
強度近視のウスカルメガネ
の中でも、天地幅のやや広い、
安定性したスクエア型をした
メガネフレームがまたひとつ………


天地幅のやや広い
ウスカルメガネフレーム


今回、完成してきた
『キグ・センサー』です。

2サイズ展開で、
普通サイズの顔からとても小さい顔にまで、

保守的なメガネの志向を持つ人に
広く支持される安定したソフトなスクエア型

かつて出たオリジナルフレーム、
キグ・サージと同じレンズ型から造られた
ウスカル・メガネフレームとなっています。


ウスカル会」のオリジナルフレームとして、
誕生しました。



メーカー参考小売価格
30800円(税込)
28000円(税抜)



キグセンサー フレームサイズ

43□23
(フレームPD66)

43□19
(フレームPD62)



「ソフトな・スクエア」のレンズ型、キグ・サージと同型のデザイン
(画像は 42□23 サイズのカラー1  ライトブラウン七宝)



リム全面に、薄茶の七宝を塗った仕様、
アンティーク色の特に強い仕上がりに
(画像は 42□23 サイズのカラー1 ライトブラウン七宝)



モデル名の、

Kigu Sensor (キグ・センサー)は、

工学的なデザインを
追及したモデルに冠する
「Kigu(キグ)」を前につけ、
あとはセンサーという、
名前の覚えやすさわかりやすさを重視。

以前に出した類似のモデル
「Kigu Surge(キグ サージ)」と
同じレンズ型をベースにして製作しています。



レンズ型はソフトなスクエア(四角形系)ですが、
今回のキグ・センサーでは、
多くの色番に
「レンズまわりのリムと呼ばれる部位」の
前部分や全面に、
七宝(しっぽう)を塗って
色の変化を出しています。



七宝(しっぽう)とは、
エナメル樹脂による焼き付け工芸
を起源に持つ、
伝統的な色塗りの技術です。

福井県鯖江市のメガネ工場には、
そのような技術も受け継がれ
命脈(めいみゃく)を保っています。




センサーという、
名前の覚えやすさわかりやすさを重視
(画像は 43□23 サイズの カラー7 アンティークシルバー七宝)




レンズ型はソフトなスクエア(四角形系)です
リム前面に黒っぽい焦げ茶の七宝塗り
(画像は 43□23 サイズの カラー7 アンティークシルバー七宝)



前部分に、黒に近い焦げ茶の七宝を塗り、
上部分などは何も塗らない状態にて完成
(画像は 43□23 サイズの カラー7 アンティークシルバー転写)


両サイドの智(ち)と呼ばれるパーツと、
テンプル(腕)は、アンティークタイプの
「親子智(おやこち)」を採用。

軽量なわりに重厚感を感じ、
高級感を持つ印象です。

機能性も抜群で、
フィッティング可動域も広いです。


先セルは、シンプルなベーシックタイプを使用。
鼻パッドもベーシックなブリッジパーツ。





テンプル(腕)は、アンティークタイプの
「親子智(おやこち)」を採用
(画像は 43□23 サイズの カラー9 アーモンドブラウン)




軽量なわりに重厚感を感じ、
高級感を持つ印象
(画像は 43□23 サイズの カラー9 アーモンドブラウン)



機能性も抜群で、
フィッティング可動域も広いです
(画像は 43□23 サイズの カラー9 アーモンドブラウン)



サイズは2種類あり、
男性や女性の、普通くらいの幅から、
かなり小さめまでのPDサイズを
広汎(こうはん)にフォロー。




レンズ型は、2つのサイズとも
まったく同じですが、

ブリッジの鼻幅で2タイプに振り分け。
広いほうは男性の標準のPDサイズ、
狭いほうは女性のやや狭めのPDサイズに対応。



キグ・センサーのサイズについて
43□23 目の中心と
目の中心の幅
(PDという)が……
62~66ミリの人用!
(大きいほう)
43□19 58~62ミリの人用!
(小さいほう)




色は落ち着いたものを中心に製作。

大きめサイズと小さめサイズで、
ほんの少し違ったカラーパターン。
大きいほうが3種類
小さいほうが4種類づつの色達は、
シックな色合いばかりです。




サイズ 43□23 (大きいほうのサイズ)
は、
カラー1 ライトブラウン七宝
カラー7 アンティークシルバー七宝
カラー9 アーモンドブラウン


サイズ 43□19 (大きいほうのサイズ)
は、
カラー1 ライトブラウン七宝
カラー5 ライトブラウン
カラー7 アンティークシルバー七宝
カラー9 アーモンドブラウン


大きいほうのサイズは
42□23というサイズ!


(画像は 42□23 サイズのカラー1 ライトブラウン七宝)


(画像は 43□23 サイズの カラー7 アンティークシルバー七宝)


(画像は 43□23 サイズの カラー9 アーモンドブラウン)




キグ・センサー  カラーデータ

●43□23サイズ
ライトブラウン七宝 カラー1
・アンティークシルバー七宝 カラー7
・アーモンドブラウン カラー9

●43□19サイズ
ライトブラウン七宝 カラー1
・アンティークシルバー七宝 カラー5
・アンティークシルバー七宝 カラー7
・アーモンドブラウン カラー9






(画像は 43□19 サイズのカラー1 ライトブラウン七宝)


(画像は 43□19 サイズのカラー5 ライトブラウン)


(画像は 43□19 サイズのカラー7 アンティークシルバー七宝)

(画像は 43□19 サイズのカラー9 アーモンドブラウン)

小さいほうのサイズは、
43□19というサイズ!


大きめサイズの カラー1 は、
ライトブラウン七宝ですが、

高度なメッキ技術により、
ブラッシング加工をわずかに入れた
薄茶色に、

前・上・後ろのリム全面に
ベージュの七宝を塗ったのが
この色番となっています。





前・上・後ろのリム全面に
ベージュの七宝を塗った
(画像は 42□23 サイズのカラー1 ライトブラウン七宝)


大きめサイズの カラー7 は、
アンティークシルバー七宝ですが、

ブラッシング加工を入れた
柔らかなシルバーに、

リムの前のみに
黒に限りなく近い焦げ茶色の七宝を塗ったのが
この色です。

正統派のクラシックなカラーリング。




リムの前のみに
黒に限りなく近い焦げ茶色の七宝を塗った
(画像は 43□23 サイズの カラー7 アンティークシルバー七宝)


大きめサイズの カラー9 は、
アーモンドブラウンです。

ブラッシング加工を入れた
オレンジがかったブラウンカラー。

野球のグローブのような、
暖かみのある、
日本人の肌の色に似合いやすい色です。

こちらもクラシックなカラー。






ブラッシング加工を入れた
オレンジがかったブラウンカラー
(画像は 43□23 サイズの カラー9 アーモンドブラウン)


小さめサイズの カラー1 は、
ライトブラウン七宝ですが、
これは、大きめサイズのものと
同じ色。


ブラッシング加工を入れていますが、
やや薄い茶色。


リム周辺部にベージュの七宝を入れることで、
さらにクラシックのイメージが
強くなっています。

チタンのリムそのものに、
うっすらと紋様が描かれているため、
「沈ませ彫り」ともいうべき
独特な雰囲気となっています。

この加工法は、
今後の東方のオリジナルフレームでも
幅広く応用していけるものかと思っています。


普通は、こういった
「七宝塗り」の色番では、
ボディとリムでは
かなり違ったトーンの色を選び、
コントラストを出すのが
メガネの世界では主流となっていますが、

今回のキグ・センサーでは、
あえて色の近い組み合わせをチョイス。

年代物のメガネを思わせる、
レトロな雰囲気を出すことに成功しています。



この色合いに加え
親子智(おやこち)による、
アンティークスタイルのパーツによって
懐古調の風合いに仕上がっています。





ブラッシング加工を入れていますが、
やや薄い茶色

(画像は 42□19 サイズのカラー1 ライトブラウン七宝)



リム周辺部にベージュの七宝を入れることで、
さらにクラシックのイメージが

(画像は 42□19 サイズのカラー1 ライトブラウン七宝)



独特な雰囲気
(画像は 42□19 サイズのカラー1 ライトブラウン七宝)



年代物のメガネを思わせる、
レトロな雰囲気を出すことに成功

(画像は 42□19 サイズのカラー1 ライトブラウン七宝)



小さめサイズの カラー5 は、
ライトブラウンです。



これは、小さめサイズだけの色であり、
カラー1 のライトブラウン七宝から
七宝を抜いたものです。

ただし、カラー1 ライトブラウン七宝は、
ライトブラウンにブラッシング加工が
入っているのに対し、
カラー5 ライトブラウンは、
マット仕上げのシンプルな薄茶色です。

質感が少しだけ異なる
といった印象です。




シンプルそのものの、
もっともベーシックな薄茶色です。

目と目の間の幅の狭い人のために作られた
「小顔メガネ」のバランスで
作ってあります。





小さめサイズだけの色
(画像は 42□19 サイズのカラー5 ライトブラウン)



マット仕上げのシンプルな薄茶色
(画像は 42□19 サイズのカラー5 ライトブラウン)



カラー1 のライトブラウン七宝から
七宝を抜いたものです

(画像は 42□19 サイズのカラー5 ライトブラウン)



シンプルそのものの、
もっともベーシックな薄茶色です

(画像は 42□19 サイズのカラー5 ライトブラウン)


小さめサイズの カラー7 は、
アンティークシルバー七宝です。



安定性の高い色の組み合わせ。
やわらかなアンティークシルバーは、
わずかにブラッシング加工に入った本格仕様。

リム前面に塗られた七宝の塗装は、
黒に限りなく近い焦げ茶のクリアなダーク。



七宝は、
ほとんど黒としか見えませんが、
漆黒、完全な黒と比べると、
わずかに淡(あわ)さを感じるものです。


ソフトなスクエアの、
キグ・センサーのフォルムと、
よく似合う色だといえるでしょう。


真上から見ても
彫り紋様の入ったリムが、
風合いを醸(かも)し出しています。

遠近両用のレンズでも入る、
天地幅広めのレンズシェイプ。

バランスよい形状と
パーツのゴツさの配分です。





ほぼダークグレーの色調
(画像は 42□19 サイズのカラー7 アンティークシルバー七宝)



こちらも、クラシックのイメージが強め
(画像のアノアは 42□23 サイズのカラー3 ダークマルーンマット)


真上から見ても彫り紋様の入ったリム
(画像のアノアは 42□23 サイズのカラー3 ダークマルーンマット)



遠近両用のレンズでも入る、
天地幅広めのレンズシェイプ

(画像のアノアは 42□23 サイズのカラー3 ダークマルーンマット)


小さめサイズの カラー9 は、
アーモンドブラウンです。



やや赤みがかった甘いブラウン。
チタンの高品質な質感をそこねることなく、
わずかにブラッシング加工の入った
風合いを見せてくれます。


アンティークの世界では
定番の色のひとつ、
茶色いブリキのイメージの再現
を意識していますが、

コーヒーミルのような実用品でも、
いまもって使われている色でもあります。


昔気質(むかしかたぎ)を思わせる、
渋い触感を感じるかのよう。




やや赤みがかった甘いブラウン
(画像は 42□19 サイズのカラー9 アーモンドブラウン)



アンティークの世界では
定番の色のひとつ

(画像は 42□19 サイズのカラー9 アーモンドブラウン)



茶色いブリキのイメージの再現
を意識しています
(画像は 42□19 サイズのカラー9 アーモンドブラウン)



昔気質(むかしかたぎ)を思わせる、
渋い触感を感じるかのよう

(画像は 42□19 サイズのカラー9 アーモンドブラウン)
キグ・センサー  大きいほうのサイズのカラー
(「43□23」サイズ)
↑ カラー1 ライトブラウン七宝
↑ カラー7 アンティークシルバー七宝
↑ カラー9 アーモンドブラウン
キグ・センサー  小さいほうのサイズのカラー
(「43□19」サイズ)
↑ カラー1 ライトブラウン七宝
↑ カラー5 ライトブラウン
↑ カラー7 アンティークシルバー七宝
↑ カラー9 アーモンドブラウン
写真撮影の協力は オプティック オベロン さんです
 
キグ・センサー 品揃店
キグ・センサー
会員店ならどの店でも在庫していますが、
特に下記の店では、
各サイズ2色以上の品揃えをしています。
 のマークのついているお店は、各サイズ全色在庫です。)

北海道

-


東北

-


関東甲信越

東京都 マリコ眼鏡店       *

山梨県 充之多メガネ

東京都 オプティック・レインボー

東京都 視力相談室アイランド

千葉県 optic DAIWADO


中部東海

静岡県 時計メガネ宝石のオガワ


近畿北陸

大阪府 アイトピア          *

京都府 京都メガネ館・本店       


石川県 オプトパル


中国

-


四国

-


九州

-

 
ウスカル会のオリジナルフレーム

のページに戻る